鉋の調整

異次元物件 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日も、窓の造作です。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

鉋で削りながら窓枠に合うように調整していたんですが、どうも鉋の切れが悪い。

そこで刃を研いでみたんですが、それでも切れが悪いんです。

そこで、刃を見てみると。。。。。

 

微妙に裏金との合わせ面に隙間が生じています。

こうなると、この隙間に切れクズは入り込み、ガタガタと鉋が暴れてしまうんです。

 

そこで、裏金のあたり面をハンマーでたたき調整しました。

 

無地にそこそこ切れるようになりましたが、まだまだ鉋は奥が深いです。

微妙な出し加減で、切れ味が変化します。

小口が綺麗に切れる調整と、目に沿った調整は違うような感じです。

いろいりといじりながら削り込んでいきました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

窓の造作

異次元物件 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は、窓の造作です。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

窓を接着時を入れて組んでから鉋で枠にあうように合わせていきました。

 

合計4つの窓にボンドを入れて圧着していきました。

 

その間の空いた時間にカイズカイブキという木の剪定をしていました。

 

今日は天気も良く気持ちの良い一日でした。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

土台の下にモルタル

異次元物件 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は、土台工事の続きです。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

大工さんとの二人工です。大工さんは、難しい繋ぎで四苦八苦していました。

私は、モルタルを練ります。

あまり水を入れると垂れてくるので、出来るだけ少ない水で練り上げました。

 

そして、土台の下に詰めていきました。

 

結局、今日は30kgのモルタルを練り上げ詰めまくりました。

突き固める為に棒で突くんですが、手が痛いです。。。

う〜

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

ゴツイ束石

異次元物件 comments(1) - ガク

おおやがくです。

 

今日は、土台工事の続きです。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

土台にこいつを塗りました。

クレオソートより効きが良く、匂いも無いそうなんですが、クレオソートを使ったことないので感覚が良く分かりません。

一通り塗り終えた後は束石を出しました。

 

この建物の束石はデカくてゴツイです。

一人で黙々と外に出していきます。

一番デカいのは60cm角位の大きさの石です。

なんだか、今日は、ピラミッド造りの労働者状態でした。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

ホゾ造り

異次元物件 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は、一日ホゾを造っていました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

木製の窓を造っています。

先日購入したバンドソーと角ノミを駆使して造ります。

 

これがバンドソー

 

これが上側の窓枠。半分に割って片側は固定するためのホゾ、もう一方は差し込めるように加工しました。

 

下側のホゾはガッチリ固定するためのもの。振れ防止も造りこんでいます。

 

窓枠はウリン材、窓は杉材で造りました。今日は4セットすべての窓のホゾを造りました。

 

次回は、硝子を入れるための溝をトリマーで加工します。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美しい継ぎ手

異次元物件 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

昨日セッティングしたバンドソーが良い感じです。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

今、大工さんと土台の入れ替え工事をしているんですが、クサビを作るのにバンドソーが良い感じでした。

こんな細かいカットも安全にできます。これ、ウリン材ですよ〜!

 

こんな薄いです。凄いです。

 

さて、土台の入れ替え工事です。

大工さんがここ数日かけて、生きている既存の土台に合わせるようにケヤキ材を加工してくれていました。

既存の土台材は椎木(しいのき)で加工も金輪継ぎでした。

しっかりした土台材と継ぎ手だったため、修繕も最新の注意を払いながら行わなくてはいけません。

出来るだけ、使える個所は生かすという方針での修繕です。

 

その結果、何とも素晴らしい継ぎ手での修復となりました。

さて、土台のセットです。柱が完全に浮くので、ジャッキ4発で梁に掛けて支えてからの作業です。

 

ここは、通常の金輪継ぎです。

 

ここは、既存のアンカーを抱きかかえるようにした金輪継ぎです。

 

どうしても入れ込みが難しい個所はチョウチョで抱き合わせています。

 

栓棒も駆使して材を結合させています。

 

芸術的な継ぎ手、いかがでしたか?

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

真鍮の蝶番とレトロガラス

異次元物件 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

先日より木建具の窓を造っています。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

発注していた蝶番が到着しました。

 

一枚ずつ紙で包まれています。

 

一瞬、金の延べ板かと思った。。。。凄い輝きです。これは凄い!

 

そして、ガラスのサンプルも発注していたのが到着しました。

これは、表面に特殊な塗料を塗ってムラのある昔っぽいガラスを再現したもの。

ほんと、ムラムラします?

 

こんなチェッカーガラスもオシャレです。

 

これは、武骨でゴツイデザイン。亀甲柄って言うのも面白いので、これにする!

 

では。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ビスケットジョイナーとホゾ

異次元物件 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日も窓造作の続きです。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

窓枠はウリン材で造っています。ウリン材は硬いので、ビスケットジョイナーで継ぐことにしました。

これがビスケットカッターです。

 

これで、何をするかというと、ビスケット用の溝を彫るだけです。

ただ、それだけの工具です。

 

こんな溝が彫れます。ビスケットは右の白い部材です。

 

こんな感じで溝にはまります。

 

そして被せると納まりますが。。。

 

固定の際には、ボンドを入れます。ちなみに、TitebondIIIは耐水仕様のボンドです。

 

そして、ビスケットを埋めます。ビスケットはボンドの水分で膨張し、固着して固まります。

 

反対側にもボンドをたっぷり塗って被せます。

 

実は、一番大変なのがはみ出たボンドの拭き取りだったりします。

 

ということで、ビスケットジョイナーでした。

 

次に、窓の造作のホゾです。

最初自己流で造ったんですが、ちょい大工さんからアドバイスをいただきました。

実は、最近、技能マイスターの称号を持つスーパー大工さんにも我が現場に入っていただき一緒に作業をしているので、いろいろと教えてくれるという幸せな環境にいるのです。

ちなみに、大工さんには、「金輪継ぎ」という難しい継ぎ手で建物を直してもらっています。

 

大工さんのアドバイスは、

「普通にストレートなホゾ造るだけではなく、振れ止めの加工をした方が良いよ。」と

 

途中まで作ってしまったので強引にそんな形状を作ってみました。

 

すると、「振れ止めの深さが深すぎるから、5mm程度の方が良いよ。その方がホゾの強度が強くなる。」

 

ということで、反対側は綺麗に加工。

 

 

多分これでOKっぽいです。

 

そして、「バンドソー買ったほうが良いよ。」

とアドバイス貰いました。

どんな加工で使うかもいろいろと教えてもらいました。

 

ということで、これからバンドソーを探します。

 

では。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

 

 

ウリン材で窓枠を造る

異次元物件 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は窓枠の作製の続きです。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

ウリン材で造る窓枠、非常に重厚感があります。

ウリン材は硬いため、細かなホゾとかの細工は非常に難しいので、継ぎにはビスケットを使いました。

 

ボンドを入れて固定していきます。対角線方向を測定して、ミリ単位で斜めに通したクランプで調整して、真四角にしました。

 

そのままビスを角に打ちました。

 

ビスは下穴を開けてから打ちました。

多分これで大丈夫でしょう。

 

まだまだ続く。。。。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

窓を造る

異次元物件 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日もプロの大工さんと二人工でした。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

今日は寒い日でした。

ヒータージャケットで凌ぎました。

 

今日から、窓を造ることにしました。全部造作で造るので、数日かかる見込みです。

 

窓枠に使用する材料は「ウリン」材です。

アイアンウッドとも呼ばれる木で、超重くて硬い木です。

このウリン材、以前、何年か前に友人から廃棄予定のデッキ材があるのでいらない?

ってことで、持って帰ってきたものですが、外に平積みしていても全然腐食していませんでした、凄い材料です。

 

ウリン材が、窓枠、杉の足場板から切り出した材が窓材になります。

 

さて、大工さんには金輪継ぎをしてもらっていました。芸術的な継ぎ手です。

 

では。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM