トイレの床貼りと洗濯機置き場

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日も東京ビンテージアパートへ行きました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

昨日の続きです。

まず、昨日カットしたトイレの床材を一旦外して糊を入れました。

 

ベンチタイムの間に、床材のサイドの部分をカンナで斜めカットしました。膨張とかで歪まないためです。

 

そして、貼り付けました。

 

次に洗濯機置き場です。

まず、排水管の取り出し位置の変更からです。

 

排水トラップを取り付けました。これ、かなり位置がシビアなので難しんです。

ミリ単位で寸法を出しながら管材をカットして接着します。

 

そして、壁を作りました。巾木も造りました。

 

残すは左の壁のみです。明日に続く。。。

 

では。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

トイレの下地工事と雹

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日も東京ビンテージアパートへ行きました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

本日はトイレの下地作りこみです。

こんな感じが、、、、

 

こんな感じになりました。

 

 

途中、雷とヒョウが降ってきました。

直径1cm位のヒョウが30分位降り続きました。

驚き!。。。。電車で来て良かった。。。

 

では。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

天井断熱

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

昨日も東京ビンテージアパートへ行きました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

先日エアコンを導入したので、余裕余裕って感じで考えていたんですが、到着してエアコンをつけても涼しくなりません。

もちろん、エアコンの吹き出し口は涼しいのですが、部屋は暑いのです。

 

原因はこれです。天井からの輻射熱の熱量は2.2kタイプのエアコンでは到底太刀打ちできません。

 

今後の作業を考えてスタイロをはめ込むことにしました。

もちろんいろいろな断熱材があることは知っていますが、今回は汎用品のスタイロで攻めます。

 

42cm幅にカッターでカットしてはめ込むだけです。ピッタリ切ると、パコン!って感じで垂木の間に納まります。

ちょうど納まると、超気持ちいいです。

 

ただ、天井付近は異様に暑いので、作業ははかどりません。

休み休み、どんどんパコパコとはめ込んでいきます。

 

段々涼しくなるな~、、、、スタイロは良い感じだな~、、、と思っていたら夕方で日が傾いているせいでした。

 

日が落ちてからは作業が異様にはかどりました。

 

結局夜10時近くまで作業して、ほぼすべてのところにスタイロをはめ込んで終了です。

 

家に付いたのは午前様でした。

なんだか、リタイヤしてるのに、サラリーマンより働いているな~

まあ、楽しいからいいかな。。。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

エアコン不良

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は東京ビンテージアパートへ行きました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

昨日エアコンの不調を確認していたので、念のためエアコンを1台購入してから現場へ行きました。

 

現場に到着し、メーカーの人が来るまでの間、給湯器のリモコン配線の施工をしていました。

給湯器のパネルを外します。

 

リモコン配線を接続します。

 

そして、エアコンのメーカーの方が来ました。

いろいろと見ていくと、ガスが抜けていることが判明。

そして、接続箇所からリークがありました。

 

 

原因は締め不足っぽいですが、真空チェックで大丈夫だったので、最後の整形の時に不具合が出たのかな?

いまだ不明。。。しかも、初めての失敗で落ち込みました。。

 

接続をし直して、ガスを入れなおして復帰しました。

 

その後は、購入したエアコンをリフォーム中の部屋に取り付けました。左配管なので接続にはちょっとしたコツが必要です。

 

室外機は2段にしました。

 

2階から降ろしたのですが、長梯子が無く苦労しましたが、完璧にできました。

 

これで、今後はそこそこ涼しい中で作業が出来ます。

良かったです。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

お!これは便利かも。。。排水管取出しチーズ

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は東京ビンテージアパートへ行きました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

移動途中、客付け業者から、前に入居した方の部屋のエアコンが冷たい空気が出ないので何とかしてほしとの連絡が入りました。

ちょうど良かったです。入居者に電話して、30分後には現調という感じで対応しました。

どうやら初期不良っぽいです。。。。メーカーに電話して明日見てもらいます。

 

さて今日はまずこいつからです。特殊な取り出しチーズです。チーズを入れ込むことが出来ない場合に対応できます。ただし縦のみですが。

 

まず、こんな感じで穴を開けていきます。

 

 

 

接着剤を付けてバンドで締め上げて固定します。

 

縦配管を接着しました。これで、キッチンの排水が完成です!

 

 

給水も切断して、チーズを入れ込み、ポリブデン管路に持っていきました。

 

こんな感じで繋ぎこみ完了。

 

 

お風呂の水栓も交換です。

 

 

 

美しい水栓金具です!

 

途中、トイレを開封したら床フランジが無かったので、近くの管材屋さんで購入してきました。

建築系のお店もだいぶ慣れてきたので、普通に業者としてスッと入れます。

 

それ以外にも電気工事を仕上げて、エアコンの2段ラックを組み上げたりしました。

 

では。また明日。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

らく楽パイプ

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は東京ビンテージアパートで給水給湯関連の工事をしました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

今日も、猛暑でした。こいつに救われました。マキタのファンジャケットです。このデザイン結構好きです。

多分、普通に考えると見た目カッコ悪いんです。一部、HPでは酷評されていましたが、、、、

というのも、非常に機能の主張が強く、また、武骨な感じがするのです。これがマキタのデザインなんです!

ですので、超個人的には超カッコよく感じるんです。

また、4日使って使いやすいセッティングを探していました。半袖で、首筋に風を集約させて、また、ファンのサポート部材は取り外し、バッツテリーホルダーを真後ろに持ってくると、ファンがバッテリーに当たるので、ファンの内側に隙間が出来き風の流れもよく作業もしやすかったです。

 

まず、給湯器を取り付けました。

 

絶縁スペーサーをかまして取り付けます。給湯器はラスモル壁の場合、直接壁にビス止めしてはいけないのです。通常、木製の板をかまして取り付けます。これは、漏電時、ラスに電流パスが出来るとラスがヒーターの様になり、火事になるからです。

今回、絶縁スペーサーなるものを調達し取り付けました。これはスッキリして非常に良い感じです。これからはこいつを必ず使います。

 

東電が来ました。ブレーカーを20Aから30Aに交換してもらいました。。。。が、30Aブレーカーを取り付けることはせず、スマートメーターで設定していました。おじさんは汗だくで、私のファンジャケットを羨ましそうに眺めていました。

 

また、浴槽も来ました。多分車上渡しっぽいですが、トラックからの積み下ろしを手伝い、私と運転手の2人で担ぎ、そのまま物件へ行き、2階まで上がり室内に入れ込みました。降ろすスキを与えませんでした。

 

さて、最難関工事です。浴室のお湯の配管を施工しまし。

さてさて、こいつが、らく楽パイプです!@ブリジストン

昔は、架橋ポリ管を使っていたんですが、今はこれ以外使いたくありません。それほど使いやすいです。曲がり方が柔らかくクセも付きにくいんです。超お勧めです!でも、ホームセンターには無いかも。。。。皆さんホームセンター経由で良いので取り寄せてください!そうすれば良い材料が広がります。

 

通路を挟んで反対側に持ってきました。

 

給湯の取り出し口も取り付けました。

 

新設したポリブデンパイプ群です。お湯と、水のラインです。

 

給湯器とも接続

 

電源の取り出し部には、パイプが必要です。ラスモル壁には必須です。雨対策でチョイ下向きに取り付けました。

 

ということで、また来週!

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

猛暑のなか、マキタのファンジャケットを着て電気工事

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は東京ビンテージアパートで電気工事をしました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

それにしても暑かったです。部屋は2階で天井もぶち抜いています。エアコンなんてものも無く、風も無い。

ということで、新兵器の登場です。

背中越しの写真なんですが、マキタのファンジャケットです。これを着ると、背中から首筋にかかて強風が吹き抜けます。

こいつのおかげで、今日は過酷な環境でしたが、何とか耐えられました。

 

このぼろい盤を盤ごと交換しました。

 

新規の照明配線

 

新規の繋ぎ

 

既存繋ぎの変更

 

新規モニターフォン

 

こんな感じで、配線を再構築しました。

 

 

さて、その後下の部屋を見ると。。。。

テレビモニターフォンの配線が。。。。

 

切れていました!

 

入居者に電話すると、やはり映らないとのことでした。といくことで、保険で直します。

自分で直すんですが、保険請求します。

 

あまり露出しないように配管を延長しました。

 

 

では。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

発注業務

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は部材の発注をしました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

東京ビンテージアパートのリフォームのための部材を発注しました。

管材関係の部材をおよそ15万円くらい購入したんですが、今回は、かなりまじめに発注業務を行いました。

管材屋さんに買掛けの口座があるので、そこで全部買ってしまえば楽なんですが、一応、複数の発注先を調査して、安い方を選択しました。意外なのは、問屋よりも楽天の方が安いものも結構あるんです。汎用的な部材は楽天の方が安い。さらに、楽天よりヤフーショッピングの方が安かったりと。。。

 

まあ、どこまで調査して追い込むか?また、あまり追い込んでも時間だけどんどん取られるので、ある程度で見切りをつけて発注しなければならないのですが、今回は、今後の勉強のためにかなり真剣に追い込んで発注業務を遂行しました。問屋にも、再値引き交渉したり、何度も電話したりメールしたりと。

 

さて、その後はこの新兵器を試しました。

そう、マキタの充電式刈払機です。

 

18V一機のバッテリータイプです。

 

相当良い感じに軽いです。

 

使ってみて感じたのは、、、、「最高!」

 

今日は非常に暑かったのですが、もしエンジン式使ってたら相当汗だくですが、こいつはそれほど熱くない。

しかも、静か!

そして、怖くない!

モーターが自動でスピード変化してくれて、負荷がかかると高速になるんです。

普通の草は比較的低速な感じで刈り取れます。

 

もう、夏はエンジン式は使いたくありません。冬はエンジン式が最高ですが、、、、草を刈るのは夏が多いですよね〜

ということで、敷地の広い方には、超お勧めの一台です。

(私、マキタファンなので、マキタのまわしものですが、なにか。。。)

では。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

取り付け方まで確認して。。。

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は東京ビンテージアパートへ行きました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

先週、部材発注をしようとしたのですが、細かいところまで見ていなくて、最適な部材を決めることが出来ませんでした。

再度確認するために現場へ向かいました。

 

ついでに、電子錠が届いていたので取り付けました。

今回は、MilreのWINNERという商品。いつもは、Cubeという商品でしたが、WINNERの方が安く、CUBEがだんだん品薄になりつつあるので、テスト的に導入します。もちろん、WINNERもマスターパスワード設定可能な機種です。

 

このドアにとり付けます。

 

こんな感じです。

 

 

ピンク色で女性的でしょ〜良い感じです。(ドアはボロイですが。。。)

 

ドアが閉まらない不具合も改善しました。スペーサーをかまして引っかかるところを近寄せました。これでバッチリOK

 

浴槽のガスを外してから、混合水栓用のお湯の穴を開けます。

外のガス管は、グラインダーでカットして取り外しました。気合!

 

タイルに新規お湯用の穴を開けます。小さいドリルでたくさん穴を開けて円形にしました。

 

バランス窯の穴から手を入れると、お湯の管が綺麗にセット出来ます。

いろいろ考えて、こんな方法にしました。

 

さて、その後は、給排水の取り合いを考え、どこにどうやぅって取り付けると簡単か、現場で確認しながら材料を拾いました。

これで発注できます。

 

では。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

給排水の確認

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は大雨でしたが、東京ビンテージアパートへ行きました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

IKEAで購入したキッチン部材を搬入し、また、大量の産廃を車に積み込みました。

積み込みが完了したら、大雨になりました。ギリギリセーフです。

 

さて、その後は、新規キッチンの為に、床を剥がし、排水位置を確認。

ここにキッチンを入れ込みます。おおよそのサイズをマスキングで割り出し、開口位置を決めます。

 

復旧しやすいように綺麗に床に穴を開けました。

 

排水はというとこんな感じ。奥からユニットバスの排水が流れてきます。VU50でした。

この、縦のVU50にユニオンをかましてチーズを固定しそこからキッチンに持っていきたいです。

出来るかどうかは???管材屋と相談します。

 

次に、新規洗濯機置き場の為に、既設キッチンを解体し、さらに、床を剥がして排水位置を確認。

この既設キッチンを撤去し、洗濯機置き場にします。

 

撤去完了!

 

床も開口。こちらもVU50で来ていました。

 

リフォームにおいては「排水」が最も神経を使います。と言うのも、勾配とかをちゃんと取らないといけないので、経路の選択肢が少ないからです。今回、やっと図面が引けました。これで、必要な部材が確定しました。

 

「給水」図面です。ブリジストンのポリブデン管を使う予定で、ヘッダーで分岐して各所へ持っていくことにします。

 

では。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

無料ブログ作成サービス JUGEM