漆喰塗りアクと格闘

帝都戸建て comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日もテイコへ行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

漆喰にアクが浮いてきたので、昨日、砂壁にパテを入れました。

軽くケレンして平らにしてから漆喰を塗ります。

昨日漆喰を入れた部分はその上に塗り重ねます。

 

まあまあかな???

 

でも徐々にアクが浮いてきました。ただ、昨日のアクよりは薄いです。

まあ、これで様子をみて、最悪はまた上塗りするかもしれませんが、、、、多分このままで見れる感じ。

壁が白くなって、急に明るくなりました。

 

二階に上がり床鳴りがする箇所があるので、床の合板を外しました。10分位悩んで原因を突き止めました。

梁と柱の接合部が若干ゆるく、浮き沈みがするのが原因でした。

写真の梁の上側の部分に、ビズを斜め打ちしたら鳴きが無くなりました。

 

合板を戻し、合板の接合部にパテを入れました。

ヤヨイのアースタックというパテを使いましたが、これ、コチコチにすぐなる。

硬化も一瞬でカチカチ。

 

ということで、今度は床張りをしようと思います。

 

では。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM