リノベラーおおやがくの活動日記
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>
プロフィール
大家学
大家 学
■資格

宅地建物取引主任者
電気主任技術者
第一種電気工事士試験合格
第二種電気工事士
DIYアドバイザー
二級福祉住環境コーディネーター
壁装技能士補
床施工技能士補
一級船舶免状

全国賃貸新聞2007.4.16
本ブログが紹介されました
不動産関連経歴
大家 学
『不動産投資らしんばん』開発者
「らしんばん」について
最近は、不動産分析「らしんばん」の活動には注力しておりません。今は「らしんばんスっケルトン」ダイエットとうダイエットツールに注力!? こちらからどうぞ
RECOMMEND
<< 天井にOSBを埋め込む | main | 令和初の取り組み物件 >>
壁の隙間を杉板で塞ぐ
category: 帝都戸建て | author: ガク
0

    おおやがくです。

     

    今日もテイコちゃんへ行きました。

     

    ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

     

    ひたすら一階の仕上げを行っています。

    昨日までで天井が終わったので、今度は壁を塞いでいきます。

    元々は写真のような砂壁でした。砂壁の上に天井がきていましたが、今回、さらに上に30cm近く持ち上げたところにOSB天井を張っています。

    ということで、屋根裏だった部分の壁を塞がなくてはなりません。

    ちなみに、天井を上に上げると、容積UPして開放感がでていい感じになります。しかし、二階からの音鳴りとかは大きくなります。

    どちらが良いかは。。。。というか普通はこんなことはしないのですが、普通に作ると食いつきも普通だし、面白くないのでデザイン重視でこんな構成にしています。

     

    微妙な隙間に、OSBの端材をカットして留めていきます。

     

    そして、杉板をカットして留めていきます。

     

    まだまだ、「切った貼った感」があって汚らしいですが、壁を真っ白な漆喰を入れて、木を掃除すれば良い感じになるはずです。

     

    ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

     

     

    comments(0) | - | PAGE TOP↑






    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH