リノベラーおおやがくの活動日記
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>
プロフィール
大家学
大家 学
■資格

宅地建物取引主任者
電気主任技術者
第一種電気工事士試験合格
第二種電気工事士
DIYアドバイザー
二級福祉住環境コーディネーター
壁装技能士補
床施工技能士補
一級船舶免状

全国賃貸新聞2007.4.16
本ブログが紹介されました
不動産関連経歴
大家 学
『不動産投資らしんばん』開発者
■不動産投資暦
1996年4月 不動産「死」をさまよう大怪我を負う
2001年5月 不動産投資羅針盤』開発着手
2003年10月 宅地建物取引主任者試験合格
2004年8月 宅地建物取引主任者登録
2004年10月 第二種電気工事士取得
2005年1月 不動産投資羅針盤 概念確立
2005年8月 川崎市K区中古木造6世帯購入
2006年2月 川崎市T区中古RC6世帯購入
2006年5月 ブログ開始
2006年9月 川崎市S区土地購入
2007年2月 RC建築開始
2007年4月 第1回『らしんばん』基礎編
2007年7月 第2回『らしんばん』実践編
2007年9月 第3回『建物に魂を注ぐ』セミナー&見学会開催
2007年9月 新築RC12世帯完成
2007年12月 大怪我完治
2007年10月 第4回『らしんばん』実践編
2008年2月 第5回『らしんばん』実践編
2008年12月 東京築古組立上げ参画
2008年12月 東京築古組物件評価委員長就任
2009年2月 東京ビンテージアパートメント7世帯購入
2009年8月 東京築古組リフォーム分科会副委員長就任
2009年8月 福祉住環境コーディネーター2級取得
2009年11月インテリアコーディネーターコンテスト入賞4位/応募数百点
2009年12月DYIアドバイザー合格&登録
2009年10月 東京築古組建築分科会会長就任
2010年2月 東京築古組デザイン分科会副委員長就任
2010年10月 第一種電気工事士合格
2011年5月 東京築古組退会
2012年5月 株式会社法人設立
2012年11月 第三種電気主任技術者合格&登録
2012年12月 東京コアアパートメント28世帯購入
2014年1月 東京築古組に復帰
2015年3月 日商簿記3級合格
2015年5月 帝都戸建て(Teico)購入
2016年1月 狼旅団入団
2016年9月 異次元物件(非公開)購入
2017年1月 東京築古組一時脱退
2017年6月 第一種電気工事士免状取得
2019年7月19日 異次元物件がスーパー異次元物件に
2019年7月 鎌倉古民家購入
「らしんばん」について
最近は、不動産分析「らしんばん」の活動には注力しておりません。今は「らしんばんスっケルトン」ダイエットとうダイエットツールに注力!? こちらからどうぞ
RECOMMEND
<< 亀甲ガラス木製窓の完成 | main | 東京コアアパートで退去 >>
薄っすいビル
category: Property Analysis | author: ガク
0

    おおやがくです。

     

    友人の物件を見せてもらいました。

     

    ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

     

     

    薄いビルってご本人が言っていたのですが、さすがに薄いといってもそんなに薄くは無いだろうと思っていたのですが。。。。。

     

    目の前を通ったのに、薄すぎて通り過ぎてしまいました。。。。。

     

    しばらく周囲をうろつくと、屋上から懇談の声が聞こえてきました。

     

    あれ。。。。。。

    これ、、、、、

    あ!これか〜 確かに薄っすいビルだな〜

     

    そして、面白い螺旋階段があるので上に上がってみると確かにそのビルした。

     

    屋上に上がるとその薄さが際立ちます。

    横幅は大股で届きそう。。。というか、手を伸ばすと完全に届きます。

     

    しかも、広い道幅の幹線道路沿いなので、その薄さが際立ちます。

     

    さてさて、中へ入るととっても面白い空間が広がります。(?広がってはいないけど。。。)

     

    天井のこのバッテンが凄いイケてる。

     

    そして、鉄サッシが良い感じの本物ビンテージ感を引き出している。

    鉄骨むき出しの壁

     

    デザインは、これまた友人が仕上げたものでザ・アメリカンという仕様。

    (詳細は当人のHPで。)

     

    錆びた鉄骨の錆と、フェイクの錆ペイントの二重奏

    コンクリ床と足場板の武骨さ二重奏

     

    もともと、朽ち果てつつある建物を、ビンテージ塗装で仕上げるという挑戦

     

    本物の錆と偽物の錆、本当の劣化とフェイクの劣化

     

    完全に目が騙されるような二重奏が細部に見られます。

     

    お金をかけずに目をだますビンテージインダストリアルデザインの戦略でした。

     

    多分、自分だったら、細部をモルタルとか詰めて綺麗にして、錆を落としてから塗装したり、床を無垢の板で敷き詰め、さらに、きっと壁際もきっちりと納めてからの、ハーマンミラーのLCWを床に配置してと、結構お金と時間をかけちゃうな〜と思うのですが、その部分の割り切りは潔く、最低限の補修からインテリアで仕上げていくという戦略でした。

    幾つかの気になる安全面での指摘事項(ガス配管とエアコンドレイン配管関係)は有りましたが、それ以外はOK。

     

    今後の活用と進化が、非常に楽しみにしています。ありがとうございました。

     

     

    ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

     

     

     

    comments(0) | - | PAGE TOP↑






    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH