浴室水栓金具交換

Tokyo Core Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は東京コアアパートメントへ行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

来週水曜日引き渡しの部屋があるので工事を完了させねばなりません。

今日は浴室の水栓金具交換です。

こんな感じの水栓金具が付いていますが、シャワーの継ぎ目が漏れていて補修不可能な状態です。

せっかくなので、混合水栓に交換します。

 

取り外すとお湯の口元に膨れがあります。これは、内部から錆で膨張している膨れです。

 

カッターでめくって錆を落とします。赤い錆が付いています。

 

ここに錆転換剤を塗ります。錆転換剤は、赤錆を黒錆に置換して、錆の進行を止めるものです。

黒錆になると、硬い皮膜となり錆が進行しないのです。

 

真っ黒な黒錆になりました。

 

凹んだ部分を補修するのには、こういった練りタイプのエポキシパテが最速で補修できます。

30分もすればカチカチに硬くなるので、その後の工程に進むことが出来ます。

 

パテをなるべく平らに盛ります。そして、削ります。ノミの刃を立ててスクレーパーの様に削ると早いです。

そして、プレートを入れて隠しました。

 

さて、水栓金具を取り付けるクランクです。

上が、純性のクランクで、下がカクダイのいけてるクランクです。

中心がフリー状態で回すことが出来、狭いスペースでも容易に取り付けが出来ます。

取り付けた後、前後左右に自由に動かすことが出来るので、適当に取り付けてもOKなんです。

ちなみに、純性のクランクは、全体を回して締めていきます。

そして、水とお湯の前後をピッタリに、左右を水平になるようにピッタリと収めないといけません。このクランクの取り付けは、少し修行が必要な工程なんです。

 

そして完成!補修感はありますが、清潔感があり気持ちよく使えます。

 

以前取り付けたバーにシャワーヘッドを付けると、なんだか良い感じです。

 

最後に、IKEAで買ったリフレクターランプを廊下に付けてみました。

 

では。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM