リノベラーおおやがくの活動日記
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>
プロフィール
大家学
大家 学
■資格

宅地建物取引主任者
電気主任技術者
第一種電気工事士試験合格
第二種電気工事士
DIYアドバイザー
二級福祉住環境コーディネーター
壁装技能士補
床施工技能士補
一級船舶免状

全国賃貸新聞2007.4.16
本ブログが紹介されました
不動産関連経歴
大家 学
『不動産投資らしんばん』開発者
■不動産投資暦
1996年4月 不動産「死」をさまよう大怪我を負う
2001年5月 不動産投資羅針盤』開発着手
2003年10月 宅地建物取引主任者試験合格
2004年8月 宅地建物取引主任者登録
2004年10月 第二種電気工事士取得
2005年1月 不動産投資羅針盤 概念確立
2005年8月 川崎市K区中古木造6世帯購入
2006年2月 川崎市T区中古RC6世帯購入
2006年5月 ブログ開始
2006年9月 川崎市S区土地購入
2007年2月 RC建築開始
2007年4月 第1回『らしんばん』基礎編
2007年7月 第2回『らしんばん』実践編
2007年9月 第3回『建物に魂を注ぐ』セミナー&見学会開催
2007年9月 新築RC12世帯完成
2007年12月 大怪我完治
2007年10月 第4回『らしんばん』実践編
2008年2月 第5回『らしんばん』実践編
2008年12月 東京築古組立上げ参画
2008年12月 東京築古組物件評価委員長就任
2009年2月 東京ビンテージアパートメント7世帯購入
2009年8月 東京築古組リフォーム分科会副委員長就任
2009年8月 福祉住環境コーディネーター2級取得
2009年11月インテリアコーディネーターコンテスト入賞4位/応募数百点
2009年12月DYIアドバイザー合格&登録
2009年10月 東京築古組建築分科会会長就任
2010年2月 東京築古組デザイン分科会副委員長就任
2010年10月 第一種電気工事士合格
2011年5月 東京築古組退会
2012年5月 株式会社法人設立
2012年11月 第三種電気主任技術者合格&登録
2012年12月 東京コアアパートメント28世帯購入
2014年1月 東京築古組に復帰
2015年3月 日商簿記3級合格
2015年5月 帝都戸建て(Teico)購入
2016年1月 狼旅団入団
2016年9月 異次元物件(非公開)購入
2017年1月 東京築古組一時脱退
2017年6月 第一種電気工事士免状取得
2019年7月19日 異次元物件がスーパー異次元物件に
2019年7月 鎌倉古民家購入
「らしんばん」について
最近は、不動産分析「らしんばん」の活動には注力しておりません。今は「らしんばんスっケルトン」ダイエットとうダイエットツールに注力!? こちらからどうぞ
RECOMMEND
<< 3点ユニットバスのオシャレ改造 | main | 確定申告準備 >>
申し込みベースで完全満室達成
category: Tokyo Core Apartment | author: ガク
0

    おおやがくです。

     

    今日は雛人形を出しました。半日かかりました。

     

    ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

     

    さて、昨日まで追い込んでいた東京コアアパートメントですが、現在2部屋空室があります。

    昨日、一室申し込みを頂き、無事保証会社の審査も通りました。

    そして、本日残る一室に申込を頂き、審査も速攻で通過し、申し込みベースで完全満室に返り咲きました。

    完全満室、これが快感です。

     

    いろいろな考え方があります。

    昔、友人でこんなことを言っている方がいました。

    「空室損は確率的にしょうがないので、2割くらいは常時空室があってもしょうがない。」

    その方は、超大規模の大家さんでどんどん規模の拡大を追い求めていた方でしたが、最後は空室で苦労されていました。

     

    やはり空室ゼロを目指せる場所に賃貸物件は持つべきだと思います。

    または、空室ゼロを目指すような造り込みや新しい何がしかのアイディアを実行するべきだと思います。

     

    それを達成するには、相当「汗」をかかないといけませんが、その「汗」の先に良好な運用実績がついてくるのだと思っています。

    ですので、やれることはやる。サボらずにやり切る。という厳しさを自分の中に持ちつつ運用を続けないといけないのだと思うのです。

     

    一方、物件によっては空室ゼロという稼働率的な考え方よりも、物件の造り込みを優先させていく方が正解だったりもします。

    稼働率よりも、物件に内存している潜在価値を極限まで上げることで得られる将来のリターンが莫大なものだったりすることもあるのです。これは新しいアイディアを実行するための一つの戦術で、あまり一般的ではない考え方です。というより、投資家から見ると正反対の考え方で、理解するのは非常に難しいのではありますが、日々の挑戦でそんなこともやったりしています。

    偏りのある戦術が最も怖いので、正反対の挑戦もしつつ今後も進んでいこうと考えています。

     

    考え方は矛盾だらけですが、柔軟ということで。。。。

     

    ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

     

     

     

    comments(0) | - | PAGE TOP↑






    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH