浴室壁補修

Tokyo Vintage Apartment comments(2) - ガク

おおやがくです。

 

今日は東京ビンテージアパートへ行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

その前にテイコちゃんに置いてあるセメント類を取りに行きました。普通に建っていました。

 

そして、東京ビンテージアパートへ向かいます。車で15分くらいで到着。

まず、浴槽を出します。

 

次に床を養生します。

 

割れて浮いている壁を剥がします。

 

どんどん剥がします。

 

 

 

 

もう絶望レベルです!

下地のモルタルが風化して、砂のようにボロボロと落ちてきます。

表層のホワイトモルタルでもっている感じです。

 

普通なら、フクビとかのバスパネルで全面塞ぎますが、今回は予算と工期の関係で補修することにします。

ここまで来たら補修で良いのか不安ですが。。。。

 

モルタルを防水仕様に練って、保水材を多少入れ込んで練ります。

 

そして、埋めていきます。少し凹んだレベルまで埋めます。

 

 

 

 

今日は、ここまで来ました。

本当に直るのか?

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

 

コメント一覧

下地まで落ちた箇所は
ラスを埋め込んで
セメントで蓋しているんですか?

  • とも。@和歌山さん
  • 2019/01/13 8:30 PM

あまり自信ないのですが、そのままモルタルで埋めました。多分、ここまで劣化したら、ラス入れても意味無さそうな感じがします。

コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM