松の古葉落とし

異次元物件 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は、松の古葉落としをしてました。

取り組んでいる松は黒松で、たぶん10年位放置されていたので、枝ぶりがどうしようもの無い状態です。

スッと伸びて開いて、スッと伸びて開いてを繰り返しているので枝が伸び伸びな感じで上に開ききっています。

昨年から選定に取り組み、さらに、枝を矯正してきて、スッと伸びた部分を切り落としていたので、一部は、コマゴマとした枝ぶりになっては来ているのですが、まだ、たまずくりまではいきそうにない感じです。

この松の最終形の形がまだイメージしずらいのですが、だんだんとどうしたらよいのかわかるようになってきた感じがします。

 

最近は良い松の木を見ると、真剣に見入ってしまうのですが、その枝ぶりを見ると、細かく枝分かれしているのが良くわかります。

そして、その細かい枝分かれした枝を作るのには10年くらいはかかるのだと、その時間の感覚も理解してきました。

植物のリノベは建物と違い、数年、、、、十数年、、、、数十年かかるのかもしれます。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM