STIHLチェーンソーとエノキの切り株

DIY Tips comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日も昨日の続きで、植栽の剪定作業をしました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

さて、今日は大物の木を剪定しました。

多分、エノキの木です。

すぐに大きくなる雑木です。

去年あたりから気になっていたのですが、気が付くとすっごく大きくなり、隣家の日当たりに影響を与えるくらい伸びていたようでした。

まず、愛用しているSTHILのチェーンソーの刃を研ぎました。

チェーンソーの刃を研ぐのって、なんであんなに気持ちいいんでしょうか????(って誰も共感してくれそうにないが。。。)

そして、良く切れる状態のチェーンソーはカット中もホント気持ちいいです。

 

最終的に切り刻んだ後の切り株はこんな感じです。

 

この木、高さがおよそ6m程度ありました。

まず、脚立で上の方まで登り、小さい枝をどんどんと手鋸で落としていきます。

そして、隣の敷地に覆いかぶさってた枝は、そのまま切ると隣の敷地に落下してしまうので、自分の土地側の高い枝にロープを通し、そこを支点にして、隣地側の枝にロープを繋ぎます。

そして、隣地側の枝をカットすると、自分の土地の方に枝がブランコの様に移動してくれます。

こんな感じで、安全な剪定にはロープワークも大切です。

 

さて、問題は、切り落とした枝をまとめる作業ですが、暑くて本日はダウンしてしまったので、後日の宿題です。

では。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM