Rayon du Soleil 築地

教科書 comments(2) - ガク

おおやがくです。

 

Rayon du Soleil 築地を見学させてもらいました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

最初この建物を進藤さんからの案内写真で見た時、カッコいい!!って思いました。

そして、本日私が撮った写真がこちら!

 

土地面積113.7m2とそれほど大きくない土地に建ったRCなのですが、この見事なテクスチャー凄くないですか!

 

拡大写真です。道路前面の通常であれば画一的なベランダになる部分の、芸術的ともいえるテクスチャーです!!

 

ここで、よく見てほしいのは構造柱・梁の場所です。

もちろん柱、梁は縦横に一直線に貫いているのですが、ベランダの位置や大きさ、さらに部屋の位置などを階層ごとに変化させることでこの変質的なテクスチャーを実現させているわけですが、その中でも梁が直線に貫いている事で、見事な安定感を醸し出しています。

 

裏側からも非常にシャープなカッコよさを感じます。

大好きな船舶ライト。マルチエアコンの室外機を上手く納めていることも良くわかります。

 

さて、一歩室内に入るとその構造梁、柱の構造美を体感できます。

RCの頑強なラーメン構造が本当に非常に美しいです。

太陽の光がこのラーメン構造に鋭く差し込み、まるでレーザービームのような光線として感じることができます。

 

室内の梁が外の空間へと導かれそこで柱に連結しています。

単純なラーメン構造のラインを室内から外へと美しく導いています。

 

左右の梁が同様に屋外の角の構造柱で出会い、そこに美しい太陽光線が注がれています。

 

各階の間取りは全て異なっていますが、室内のインテリアトーンは統一されており、建物全体で不思議な一体感を醸し出しています。その為チグハグ感は一切感じず、何故か統一感を強く感じます。全体として一つの統一感のある街をイメージさせます。

 

これは別の階のお部屋です。

 

水周りのトーンも揃っています。

 

この部屋は壁に額のような開口があります。額に納まるカッコいい設計士さんです。

 

さて、間取りに関してですが、これまた各階ごとに異なり、さらに非常に独特な間取りで面白いのです。

この建物、建築面積が85.04m2ということで、共用部を除くと各階50崑罎良屋の面積になるのです。

設計当初、ワンルーム規制の限界である25屬良屋を各階2部屋入れ込むことも考えたようなのですが、近隣を見るとそんな25屬良屋が沢山あるという状況もあり、大きくワンフロア―1部屋という構成にしたそうです。

そして、いわゆるSOHO的な使い方、面白い使い方を想定して、各階2DKをベースに間取りを作り込んでいったということでした。

 

私、全部屋、この不思議な間取りを見させてもらったのですが、部屋からいろいろなインスピレーションがドンドン湧いてくるという不思議な感覚を覚えました。子供を遊ばせながらヨガ教室している光景とか、着付けと茶室を合体させて楽しんでいる光景、語学教室、料理教室、はたまた趣味に没頭する光景とか、そんなイメージが部屋からバシバシと湧いてくるのでした。

 

設備に関してもかなり独特です。ベランダに給湯器を出さないようにとFF式給湯器を目立たない洗濯機裏に忍ばせています。

 

ダイニングには床暖房を忍ばせています。

 

ベランダの端も上に斜めに立ち上げ、ワザと?鋭角のラインを作り上げてシャープなシルエットにしています。

 

唯一の室内階段は鉄板折り曲げ階段で非常に重厚感があります。

 

最後に一番感動した箇所です。

 

これ、凄いです。

まず構成から説明すると、右側にエレベーターがあり、その前のスペースの写真です。

左に非常階段があります。そして、階数表示がある防火扉があります。その奥の消火器のある左側に自転車置き場のようなスペースがあります。全面の透明のガラス戸が玄関なのです。

 

普通、非常階段って、鉄の扉で仕切られていて、その鉄の扉を押しあけて避難していくイメージです。つまり、普段はあまり使われない死んでいるスペースになるわけです。しかしながら、この建物はその普通なら死んでしまう非常階段のスペースを普段使いのエリアに取り込んでいます。

そして、その広くなった共用スペースから室内へとデッキ材が続いていて、自然に室内に導かれるという、ファジーな玄関となっているのです。

 

これは、この土地のある築地を上手く体現しているのだと思います。

沢山の小さな店舗からなる築地、横方向に広がる店舗群はお互いが緩やかに繋がりを持ちます。

そして、縦方向に向かうこの建物。その緩やかな繋がりを上方向にも取り込み、各部屋へとその緩やかな繋がりを持ちこんでいるのです。

そういった緩やかな繋がりがこの築地の良さなのだと思うのです。

 

さて、今後どういった方がどんな住まわれ方をするのか本当に楽しみです。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

コメント一覧

学さん、ステキな写真&詳細解説たっぷりありがとうございます。
すごかったですねぇ〜。もう感動しすぎてとても言葉では言い表せません。
学さんのように専門知識のある方が詳しく説明してくださると、
昨日の感動がまた別の角度から蘇ります。
土地面積30坪ちょっととはとても思えないですね。

  • hinotamaさん
  • 2018/08/26 12:02 PM

火の玉さん
コメントありがとうございます。
カッコよかったですね〜特にあの外観、凄いです。きっとあの通りのシンボルになりますね。

コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM