松の古葉落し

- comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は蒸し暑いですね〜。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

今日も草刈していました。草刈正雄です。

草刈りすると同時に植栽の確認もしたんですが、昨年苦労した松の剪定。

松のもみあげをして、枝を引っ張った結果、だいぶ形が美しくなってきました。

結構いい感じの豪華な松になりました。

あれからひと夏越した今、引っ張った枝から小さな芽が直角に上に生えてきてかなりイケてる感じになりました。

さて、今の状態です。

 

 

松の枝の拡大です。昨年残した葉は手でつまんだ部分です。そこから新芽が細かいピッチで出てきてイイ感じになっているんです。

そして、今、この手でつまんだ葉を取り除かないといけないのです。

これを「古葉落し」といい、松にとっては非常に大切な作業なのです。

古葉は、濃い緑色をしてるのに対して、新しい葉は明るい緑色をしています。

さて、古葉はだらんと垂れていて、美しくないのと同時に、内部の枝に影を作ってしまいます。

この状態を放置すると、内部の枝や葉がに日が当たらず枯れていき、どんどんと外側へと樹形が膨らんでいき、形が汚くなってしまいます。

 

本日はチェックのみです。後日、脚立や安全対策グッツなどを入念に準備して古葉落しをやろうと思います。

 

では。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM