リノベラーおおやがくの活動日記
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
プロフィール
大家学
大家 学
■資格

宅地建物取引主任者
電気主任技術者
第一種電気工事士試験合格
第二種電気工事士
DIYアドバイザー
二級福祉住環境コーディネーター
壁装技能士補
床施工技能士補
一級船舶免状

全国賃貸新聞2007.4.16
本ブログが紹介されました
不動産関連経歴
大家 学
『不動産投資らしんばん』開発者
■不動産投資暦
1996年4月 不動産「死」をさまよう大怪我を負う
2001年5月 不動産投資羅針盤』開発着手
2003年10月 宅地建物取引主任者試験合格
2004年8月 宅地建物取引主任者登録
2004年10月 第二種電気工事士取得
2005年1月 不動産投資羅針盤 概念確立
2005年8月 川崎市K区中古木造6世帯購入
2006年2月 川崎市T区中古RC6世帯購入
2006年5月 ブログ開始
2006年9月 川崎市S区土地購入
2007年2月 RC建築開始
2007年4月 第1回『らしんばん』基礎編
2007年7月 第2回『らしんばん』実践編
2007年9月 第3回『建物に魂を注ぐ』セミナー&見学会開催
2007年9月 新築RC12世帯完成
2007年12月 大怪我完治
2007年10月 第4回『らしんばん』実践編
2008年2月 第5回『らしんばん』実践編
2008年12月 東京築古組立上げ参画
2008年12月 東京築古組物件評価委員長就任
2009年2月 東京ビンテージアパートメント7世帯購入
2009年8月 東京築古組リフォーム分科会副委員長就任
2009年8月 福祉住環境コーディネーター2級取得
2009年11月インテリアコーディネーターコンテスト入賞4位/応募数百点
2009年12月DYIアドバイザー合格&登録
2009年10月 東京築古組建築分科会会長就任
2010年2月 東京築古組デザイン分科会副委員長就任
2010年10月 第一種電気工事士合格
2011年5月 東京築古組退会
2012年5月 株式会社法人設立
2012年11月 第三種電気主任技術者合格&登録
2012年12月 東京コアアパートメント28世帯購入
2014年1月 東京築古組に復帰
2015年3月 日商簿記3級合格
2015年5月 帝都戸建て(Teico)購入
2016年1月 狼旅団入団
2016年9月 異次元物件(非公開)購入
2017年1月 東京築古組一時脱退
2017年6月 第一種電気工事士免状取得
2019年7月19日 異次元物件がスーパー異次元物件に
2019年7月 鎌倉古民家購入
「らしんばん」について
最近は、不動産分析「らしんばん」の活動には注力しておりません。今は「らしんばんスっケルトン」ダイエットとうダイエットツールに注力!? こちらからどうぞ
RECOMMEND
<< プッシュ式角型レジスタと足場板の棚 | main | シーリングと崖物件視察 >>
山の上ベーカリー
category: DIY Tips | author: ガク
0

    おおやがくです。

     

    昨日のランチに念願だった山の上ベーカリーへ妻と一緒に行きました。

     

    ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

     

    友人から山の上ベーカリーの話を聞いていて、是非行ってみたいと思っていたのです。

    この友人、ビンテージの魔術師的な人なんですが、非常に造りこんだシェア(←以前、赤井さんに紹介したシェア)とかもすぐに満室になり凄い利回りでぶん回しているのです。

    さて、同様に造りこみの魔術師的な、山の上ベーカリーをデザインした会社については、調べていくと実はかなり面白いのですがここでは割愛して。。。

     

    山の上にあるベーカリーです。

     

    上の山の上ベーカリーへのリンクから場所を見てもらえば分かると思うのですが、土地勘のある人だったら、ここは正直死んでる街だと思うはずです。現に空き家があったり廃墟があったりする場所です。

    結局、空き家対策とかでイイ感じに吹聴している人が多い昨今ですが、私はかなり彼らには懐疑的な意見しか持っていません。何でもかんでも空き家を活用しようとかではなく、ダメな空き家は自然に返す!ほおっておけば朽ち果て自然に帰っていきます。そんな方向で良いのだと思っています。人口減少社会つまりは、人口バブルともいえる社会が日本にはあったのです。現在は人口バブルが崩壊した状態なので、不要な家は必要ないのです。どちらかというと、家より自然の方がより大切になるのです。

     

    さて、こんな町でも人の情熱が入り込みと面白い連鎖反応を起こしていきます。

    元々は平屋の家をワンルーム化して、自然と調和したデザインで店舗を作りこんでいます。

     

     

    入り口はこんな感じ。ほぼすべての建具を木製建具。しかもビンテージ品で構成しています。

    木製建具は現在では段々と少なくなり、どんどんと廃棄されている現状がありますが、そういった中でもこのエリアだと葉山の桜花園ではこれらを専門に扱っていたりします。こういう貴重な木建具は今の時代だからこそ大切にしていきたいものです。もちろん、隙間が空いていたり建てつけが悪かったりするので、東京のおしゃれカフェではあまり本物を使うことは無いかもしれませんが、湘南や三浦エリアだとこういったものをそのまま使う本物の店が多いのです。

     

    天井は取り払い、黒いライティングレールが照明設計の核になります。そこにビンテージ系照明をつり下げています。

     

    トーンはダークです。エアコンも黒。

     

    山の上にあるので、正面テラスは開けています。

     

     

    床はコンクリの黒。

     

    併設するパン工房でパンが焼かれています。

     

    デザインの要は暖炉。

     

    鹿のはく製

     

     

     

    正直この街に良く作った!って感じ。明らかに周りと比べると異次元空間です。

    不動産への投資金額は低いですが、注いだ情熱は最高です。そんな物件が大好きです。

    是非、行ってみてください。→山の上ベーカリー

     

    ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    comments(0) | - | PAGE TOP↑






    SELECTED ENTRIES
    CATEGORIES
    ARCHIVES
    RECENT COMMENTS
    LINKS
    PROFILE
    OTHERS
    SEARCH