まだまだ高い接地抵抗

異次元物件 comments(1) - ガク

おおやがくです。

 

昨日の続きをしました。。。。

といっても大部分の不動産投資家の皆さんは何をしているのか?さっぱりだと思うけど、そんな状態が私には心地よいです。

この記事の意味が正確に分かる人は友達になれそうです。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

接地抵抗がD種接地の規格に入らないので苦戦中です。

どうやら深く入れる下がりやすとの情報から再度穴を掘って差し直し。

 

さてさてどうかな~

ガーン!前より高いじゃないですか~

どうやら完全に砂地でこの猛暑でカラッからです。

 

試しにバケツで水を入れてみました。

やっぱり下がるよな~

でも、規格までもうちょっとですが、入らないので並列内打ちすることにしました。

ということで、トシン電機へGo!

 

頭にきたので、60cmを3本も買っちゃいました!

これで下がるだろうきっと。。。。

 

穴を掘って灰を入れると下がりやすとの情報もあるので、やってみようと思う。

次回に持ち越しです。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

コメント一覧

当方、ゼネコンをしていますが、銅板ではなく、銅棒の場合、1メートル以上は、打ち込みます。
(継ぎ足しタイプで、ハンマーで打ち、どんどん継ぎ足していく。)
それで、大体、10オーム以下。
〜銅棒を、掘る、、、という仕事?、工法は所見です。
ただ、まわりに、導通を良くする、補助剤を埋めるというのもあるらしいですが。

  • 通りすがりさん
  • 2018/07/27 10:37 PM
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM