床の下地完成

Property Management comments(3) - ガク

おおやがくです。

 

今日も川崎市K区アパートへ行きました。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

まずは、床の不陸データです。

生データで見ると、45−3=42mmの高低差がありましたが、根太の高さ調整をして真っ平らにしました。

 

 

2階の床なので遮音効果を狙ってボードを根太間に入れ込みました。あまりもすべて入れ込みました。

ボードの遮音はそこそこですが、最終の遮音対策は後ほど。。。。

 

そして、ラワン合板を敷き詰めま固定しました。

 

そして、遮音対策です。遮音Dマットという商品で、この上に乗るとホント音が小さくなります。

重いゴムで出来ていて、裏がエンボス状で衝撃音を吸収してくれます。

 

全部敷き詰めたら、タッカーで固定します。

 

床は後日貼ります。。。。

 

時間が余ったので、トイレのCFを剥がして転写しました。

 

 

収まりもバッチリでした。

 

来週に続く。。。。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

コメント一覧

DIY初心者で、今度初めての床作りに挑戦しようと思ってます。

床下地にラワン合板を使用したとの事ですが、これはホームセンターでベニヤ板という商品名で売られているものでしょうか? それとも構造用合板? 板厚は何ミリでしょうか?
リフォーム業者は合板を二重にして敷かないと、じきにたわんでくると言っていましたが、何年も前にリフォームしたお部屋でそういった事はありませんか? 根太の間隔が300ミリ程度なら大丈夫なんでしょうか。

  • かずやさん
  • 2018/05/25 10:11 AM

かずやさん DIY頑張って下さい!応援しています。

べニア板というのは通称で、私が良く使うのは、「針葉樹構造用合板」「OSB合板」「ラワン合板」「シナべニア」などです。厚さは9mmと12mmが多いです。

さて、リノベとかで床に使うのはやはり「ラワン合板12mm」が良いと思います。ラワン合板は耐水性に優れており、またべニア形成時の接着剤も比較的硬い材料を使っているので針葉樹構造合板よりも硬いです。

根太を303ピッチで入れることが多いです。

2重に貼ることはまあ無いです。そこまでコスト掛けるんだったら、防音マットとか敷いた方が良いです。

お返事ありがとうございます!
リフォーム業者や職人でさえ、構造用合板をコンパネと呼んだりベニヤと呼んだりで、ちょっと混乱してました。耐水性の高いラワン合板12ミリで探してみます。
DIYで安く済む分、防音マットを入れて高級仕様にしてみたいと思います。Dマットの記事も参考になりまして、ありがたいです。うちの物件は軽量鉄骨なので防音が悩みでした。

これからもブログ更新お願いいたします!

  • かずやさん
  • 2018/05/25 9:47 PM
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM