360°ビューイングビンテージシェアハウス

Property Analysis comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

凄く仲の良い友人が、先日私の物件のリフォームを手伝ってくれた時、「この廃材貰ってっていいですか?」

って言ったのですが、どう見てもゴミの用な木材で、「え!何に使うの?」と聞くと、「こういうビンテージな色が良いんです~」と。。。もちろん「全部持ってって~」と。。。

どうみても古びたゴミのような材料なのに。。。。。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

なんと、友人が、何にこの材料を使っていたかというと、シェアハウスの作り込み素材だったのです!

そして、結構仕上がってきたとのことで見に行って来たんですが、これが凄かった!

 

(この物件、カーサブルータス級の物件になる予感がするので、誰か出版社に取りついでくれる人いませんか~?いたらコメント欄に返事下さ~い)

 

さて、まず投資的な観点から。。。。

この物件、三浦半島の横須賀にあります。横須賀と言えば、結構癖のある物件が多いのです。というのも、地形的に小さな山が沢山ある横須賀。開発当時、市政の都市計画のズサンさからか、階段を上がりまくる物件とか、谷間の路地のような場所に入り込んでいく物件とかが多く、市もこれを何とかしたいと試行錯誤している現状があります。

 

私の意見は、「自然に返せ!」に集約されます。

空き家対策とかいいから、そのまま朽ち果てさせて自然に返上すればいいんです。もともと、人が快適に住むような地形ではないんですから。

 

さて、そんな問題の多い横須賀ですが、もちろん階段を上がるに従い、物件の値段も比例して下がってきます。さすがに山頂近くの物件なんてだれも欲しくなっていう現状があります。山頂に行くに従い、段々と自然と同化して行くんです。

 

そこに歪みを見つけたのが私の友人なんです。

 

まさにその最安値の山頂の物件に目を付けた友人、その山頂の最安値の物件、実は、周りに遮るものがない。。。つまりは360°ビューのスーパー立地である事に着目したんです。もちろん一つ下ではだめで、一番上の山頂物件でないと意味がなんです。

 

そして、そこにシェアハウスを作り込んでいたんです。

 

 

 

ここ、ホント山頂です。周りに木々が沢山あります。そして、360°ビューイング!

横須賀のあの有名な島が見えます。オーシャンビュー!

 

他の斜面はこんな感じで木々が生えているんですが、山頂なので下の方に生えているので、爽快な気分。

ハイジのブランコとか付けたくなるし、ツリーハウスとか作りたくなる。

 

ウッドデッキも自然と同化してほんといい雰囲気です。このデッキ材は防腐処理焼杉板。初めてこの素材をみました。

 

こまごまとした作り込みは一級品です。

 

中では梁の設置工事をしています。私も手伝いました。

 

角のダルマストーブ見えますか~山頂で周りの家も少ないので、こんな遊びも出来るって凄くないですか~

 

煙突も超かっこいいです。

 

キッチンの作り込みも素晴らしくビンテージ感バリバリ

 

キッチンの窓からは、パーシャルオーシャンビューであの島が。。。

 

なんか見覚えのある材料がありました!あ!あの時、ゴミだった木々達。。。。す、、、す、、、すごい!

 

そして、よくよく立地をみると。。。。あれ?って思ったんです。

実は、以前夜電車に乗っていた時、

「あれ、あの山の上に光り輝く家はなんだ?」

って眺めていた家があったんです。

階段物件のほとんどは、蛍光灯のさみしい光がともっているんですが、山頂に一家、白熱球で光り輝く家を見つけ何とも言えないオーラに圧倒された記憶があったんです。

 

そう、それがこの「360°ビューイングビンテージシェアハウス」だったのでした。

 

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM