床のトーン合わせ

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

とある物件で臭気のクレームを受けました。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

洗濯機付近で下水の臭気がするとのことでした。隣に洗面台があるので、その排水根元が緩んでいたので緩まないように止めました。また、洗濯パンの排水トラップも微妙にゆるいんでいたので、入居者様に説明してきちんと止める方法を伝授しました。

 

さて、東京ビンテージアパートへ向かう途中、先日申し込みいただいた川崎RCがキャンセルされたと連絡を受けました。ただ、ちょうど今から別のお客さんの内見に当て込みたいとの要望があり、運よく妻が物件に行ってくれていたので連絡して対応してもらいました。すると、すぐに申し込みをゲットできました。妻に感謝です。

 

東京ビンテージアパートに到着すると、まずフリーサイズ網戸を取り付けました。

 

網戸を取り付け終わると、ちょうど問屋さんからメールが、、、

実は、サイズ指定の網戸の見積もりを取っていたのです。その見積もりは、、、フリーサイズ網戸の半分以下でした。

どうやら、網戸はサイズ指定して作ってもらったほうが安いようです。

 

次に、この床を張り替えます。白のウッド調のCFです。汚れは磨いても落ちませんでした。

 

細かい部分が多く苦労しましたがどんどんカットしていきます。今回は塩ビのウッドタイルです。

 

 

玄関は石目長のフロアタイルを敷きました。

 

先日より、壁と床のトーンが合わず悩んでいましたが、この床は良い感じにトーンが合います。

 

居室に床材を並べていますが、この白い床材にするといい感じになりそうです。

 

次回、居室の床も張り写真を撮ろうと思います。

では。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM