限界まで詰め込んで。。。。

異次元物件 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日はゴミの処理をしました。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

物件に大量の木材が溜まってしまい、なんとしてもこいつを処理する必要がありました。

今日は気合を入れて、農道のポルシェに朝から積み込みました。

 

 

サイドに大きな木材片で壁を作り内側に綺麗にスタックしていきます。

今まで、いろいろな現場で残置物整理の業者さんとかかわり、一緒に作業してきた経験が多いので、どうやったら綺麗に無駄なく楽に詰め込めるかという点は熟知しています。

 

最もイケないのは、手当たり次第にガンガンと積み込んでいく方法です。

これをやると大抵は無駄なスペースが出来て効率よく詰めなくなり、最後の方はホント苦労するものなのです。

 

大切なのは、大まかにサイズ感をとらえてから、おおよその積み込むスペースを決めて取り掛かること。

そのためには、最初に多少、材料をカットしたり、廃材を整えたりする作業時間が必要になります。

一見、無駄な時間にも思われますが、最後に逆転するものなのです。

 

まさに、「ウサギと亀」

 

やみくもに取り掛からず、最後までの工程を見据えて最初に準備をすることが何事においても大切です。

 

というウンチクを述べたところで、どんどんと積み込んでいきました。

 

そして、産廃を回収している工場に行き、車ごと計測。

そして、降ろす場所に行き、ドアを開けると、業者さんが一歩後ろにたじろぎました。

 

「お!すごい綺麗にパンパンに積み込んでますね~ ここまで積むの大変だったでしょう~」

 

と言いました。

 

実は綺麗に積み込むのは意外と大変ではないのです。

そして、全部の木片を回収してもらい、車を計測。

 

トータル250kgでした。

比較的、軽い木材だったのですが、250kgいきました。

農道のポルシェの制限は350kgだったと思うので、良い感じでした。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM