トラデコの巨匠よしゆきさん

教科書 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

友人のよしゆきさんに面白いシェアハウスを見せていただきました。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

よしゆきさんといえばあの赤鬼荘で有名ですが、私、昔からよしゆきさんのインテリアセンスの凄さを知っているんです。

インテリアテイストって、

 

横軸方向に シンプル⇔デコ

縦軸方向に モダン⇔トラディショナル

って分けると、

 

シンプルモダン シンプルトラディショナル

モダンデコ トラディショナルデコ

 

と、4つの区分けに分類することが出来ます。

 

今の時代的に一般的の人には、シンプルモダン系のテイストがはやっていて、そんな構成でインテリアが組まれていることが多いのです。私も、シンプルモダン系は非常にシックリするテイストで、直感的にそんなインテリアテイストを組んでしまいます。

さて、よしゆきさんはというと、トラディショナルデコ!略してトラデコ、一般の人とは対極のセンスを持っいているんです。

 

玄関からそんなトラデコの雰囲気がビンビン感じます。

伝統系だけどデコレーション系の家具の存在感!そのテイストに負けないように、上部の配管類、レール類は黒にしています。

これはコントラストを高めて、家具の強さに負けないようにする、強い個性を対極に配置するという非常に高度な手法です。

 

この強いコントラストはすべての場所に貫かれています、白い壁と天井にレイティングレールは黒!

 

 

玄関前の壁には、なんと、斜めバリの板材!斜めにすることで、非常に強い個性を醸し出し、さらに、切り口もギザギザにして、非常に強いデコレーション的要素を構築しています。ほんとトラデコの天才です。

 

これはトイレの壁です。躯体の荒々しさをインテリアテイストに入れ込みここでも個性を強めています。

 

キッチンです。ここでも、木の天板と、黒の壁。強いコントラストです。

 

 

よく見ると、天板付近が普通でない。

 

下から覗くと、、、なんと!

 

アイアンで組み込んでいます。ここまで細工されたキッチンってみたことないです。

感心していると、よしゆきさん、これ友人でもある「鉄の職人」さんが作ったんですよ~って。

凄すぎます。

 

そういえばいたるところにアイアンワークの痕跡があります。

これは「くり抜きアイアン」!

 

このサッシ。。。ん~ なんか変だ。。。YKK? あれ、こんなの見たことない。。。

 

と思ったら、「小細工の入ったアイアンサッシ」

 

こんな素材も面白い所に使用していました。

 

ここまで来ると、構造補強の金具までオシャレに見えてくるんです。

 

これも美しい配置です。

 

ここも、化粧的な木材をルーバー状にして、そこにテープ式のLED照明を埋め込んで光と影の強いコントラストを見せています。

 

三角のサイズを2種類作り棚を構成。これは棚というより衣装的な効果を狙っています。

 

 

建物は全体的に強いコントラストを出すため「白」と「黒」を使用しているんですが、それだけだと冷たい印象になります、そこで、その冷たさを打ち消すために「木部の暖かさ」を使用しています。梁の木肌、造作の木肌、家具の木肌などなど。。。

そして、ここではさらに「緑」を入れ込んでいます。白と黒の冷たいコントラストに「緑」が入り込みことで、その場の雰囲気を暖かく調和してくれています。非常にうまい使い方です。

 

デコ系の照明

 

 

デコ系の照明の下にシンク。

 

金属配管

 

 

シンクの下が気になるのです。

 

排水管を黒で巻いていて美しい。

 

架橋ポリの繋ぎと配置まで、芸術的です。正直、個人的にはここが一番凄いと思いました。

でも、みんなに説明しても誰も、あまり共感してくれませんでした。多分、自分、配管オタクです。

 

さて、よしゆきさんがなぜそんなに凄いトラデコの巨匠であるのか?少しお話して分かってきました。

よしゆきさんはビンテージ系の家具とか大好きで、良く買っているんだそうです。

さらに、施工の際も一緒に入り、細かいところを話し合いながら仕事を進めているそうなんです。

やっぱり造りこみが好きなんですね~。

 

よしゆきさん、見学させていただきありがとうございました。

 

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM