金属電線管工事

DIYシェアハウス comments(2) - ガク

おおやがくです。

 

今日は金属電線管の工事をしました。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

金属電線管は初めての経験です。

金属電線管にもいくつか種類があるのですが、今回は一番簡単なねじなし金属管です。

ただ、E31とE25の比較的ごつい管を使ってみました。

インダストリアル的にイイ感じ〜

 

こんな感じの部材です。

 

さて、最初に経路を確保しないといけません。既存はモールでしたが、そこのラインを金属管に変更します。

そのために配電盤付近を削りました。

 

そして、キッチンへも分岐するため、コア抜き!

 

そんなに大きい穴ではないので、そこそこ簡単に開きました。。。といっても1時間くらい。。。。

乾式コアなのでじっくりと攻めていきました。

 

部材を若干加工してこんな感じに固定します。

 

カッコいいね〜でもわかる人だけわかる感じのかっこ良さです。普通の一般人は、何とも思わないでしょう。

まあ、。いいんです。所詮、一般人に認められても、そんなの価値無しです。

一般人の想像を超えるレベルで攻めるんです。

 

キッチン側もこんな感じです。

 

いろいろと高さや部材の組み合わせで悩みましたが、バランスの良い管の配置デザインになりました。

この満足感も、一般ピーポーには理解できないでしょうが、、、良いんです。

What do you care, what other people think!

って本ありましたね〜私が尊敬するリチャードファインマンさんの本のタイトルです。まあ、あんな感じです。

自分だけ分かれば。。。初めての工事で気が付くと、夜10:00になってました。面白くてハマるな〜

 

では。

 

ブログランキングを応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

コメント一覧

愉しいと思います。

(がく先生の、こういう記事がいちばん好きです)

  • hdさん
  • 2017/11/23 12:10 PM

すごいですね ほんと すごい

うらやましいです

  • すずきさん
  • 2017/11/24 12:14 AM
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM