立つ鳥跡を濁さず

Tokyo Core Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は東京コアアパートで退去のための立ち合いでした。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

午後14:00に待ち合わせしていたのですが、昼前に到着しました。

すると、入居者の方が一生懸命掃除をしていました。

「こんにちは」と声を掛けると、

立ち合いは14:00ごろでお願いしますと。

私は、

「このへんで別の作業していますので声を掛けてください」

と。

私は、共用部の清掃や外回りの草刈りとかをしていました。

14:00に入居者に呼ばれ、室内の確認をすると、ものすごい綺麗に仕上がっていました。

謝辞を述べ、お別れしました。

途中、入居者の方は、15年住まわれていたようで、なんだか感無量な感じで何もない部屋を眺めていました。

 

さて、部屋はこんな感じです。凄く綺麗に掃除して頂きました。

しかしながら、何か所か床がぶよぶよしています。

で、綺麗にしていただいて申し訳ないのですが、剥がしました。

剥がすと、CFが3層になっていました。

 

コンパネまで露出させました。今回は、この上にラワン合板を上張りして、フロアタイルで収めようと思います。

 

巾木も、2層になっているので、全部撤去しました。

 

その後、東京ビンテージアパートへ行きました。

クロスが完了しました。良い感じではあるのですが、、、、、

 

今回のメインは、上部の収め方です。

いろいろな事情があり、既設の廻縁とその上の材木を全部巻き込んでクロスを納めてもらいました。

かなり細かく、収め方の指示をしました。

 

これは出っ張ってる個所。

 

何ともゴージャスな雰囲気を醸し出しています。これは良かったです。ローマの遺跡のディテールに似ています。

まあ、普通の人はやらない、、、というか、絶対できない収め方です。

参考にしないでください。私の特権。。。。

では。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

 

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM