ただアパートを買うことが投資ではない理由

教科書 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日はとある物件の電線張りをしていました。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

室内にある配電盤から新規に配線を張るのですが、電線を配電盤から一旦室外に出して、外壁沿いに引き回していきました。

なんと、その長さ40m!!!!

今までの最上記録です。

こんな感じで固定していきました。一日かかりました。

 

さて、この行為は何なのだろう。。。

 

私はこの行為が「投資」ということなのだと思うのです。

 

普通にアパートを買って、ただ回していくというのは、ただ、事業を買って事業を始めたということ。

 

そもそも、「投資」というのは将来の成長に期待する行為だと思うのです。

 

将来の成長に期待するために行う行為というのは、いろいろな行為があると思うのですが、、、、

 

私が好きなのは、個人的に、ほんと個人的に、、、誰も理解してもらえなくても、超個人的に、潜在的価値が高いと思われる物件に対して、その潜在価値が一般には評価されていない状態で購入する。そして、潜在価値が高いことを証明するために、活動を行う行為。

 

それが、今日は電線張りという行為だったのでした。。。。

ということで、電線を張る行為は、業者と私とで同じですが、見ている世界が違うのです。

 

では。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM