【信託契約とその登記】信託契約のバグだし

Property Management comments(2) - ガク

おおやがくです。
 
今日は異次元物件対応ですが、まあ、ゆっくりとしています。比較的時間が取れるので、今から反響が多かった「信託契約とその登記」の続きを記していこうと思います。

 

 

ここをクリック→人気ブログランキングへすると順位が上がります。

「信託契約とその登記」について興味ある人だけクリックしてねそれ以外はクリックしなくてOK

 


今日は、核になる「信託契約」を作る部分です。
ちなみに、私は投資戦略として「信託契約とその登記」と実行する必要があったため、ほぼほぼ独断で「信託契約とその登記」を遂行してきました。その過程で様々な事を習得してきて来た経験があります。しかしながら、私はこの分野の専門ではないので、間違い等があるかもしれません。この記事は、私のつぶやき程度に捉えて下さい。また、いっさいの責任を負うことはできませんので、その点ご了承ください。

 

まず、注意事項です。

 

「信託契約とその登記」について、知れば知るほどものすごい事が不動産の戦略として組めることが分かってきたのです。ですので、この事は一切公開せず、極秘事項として私の中に留めておこうと思っていたのです。しかしながら、時代の流れとして既に信託契約の普及の芽が出始めており、現に、NHKのクローズアップ現代でも2月末に放映されてきています。「信託契約とその登記」を適応すれば、不動産の戦略として凄い事が出来る半面、今後、様々なトラブルが発生するかもしれないと思うようになりました。そんなこともあり、今回、学んだことを記していき、皆さんの「信託契約とその登記」に関する知識レベルを向上させていくことが、最終的には良いのではないかと考えを変えました。
 
【!!警告!!】
最初に警告しておきます!きっと、この情報は、情報商材屋、不動産コンサル屋には美味しく見えてしまうかもしれません。ですが、これらを業として行う者に忠告します。「信託契約とその登記」に関わると痛い目を見ます!その理由は、関わる商材が不動産であることから、うまく機能しなかった時の損失は莫大なものになるからです。チョットした小銭を稼ごうとして、莫大な損失を請求される可能性が高いです。そもそも、情報商材屋、不動産コンサル屋の大多数は、そんなに頭が良くないのが現状です。ロジックをきちんと描けて、その法律、税務との整合をとる事までは絶対に出来ないでしょう。出来ると言う人もいるかもしれませんが、彼らも上手く機能しなかった際の損失の保証はしないでしょう。なので、イコール、出来ないのです。
 
【!!警告!!】
「信託契約とその登記」を専門業務として請負方には釈迦に説法かもしれませんが、一応記しておきます。信託契約はあまりにも自由度が高く、個別の込み入った問題に対応する事が出来る半面、信託契約と、法規、税務との関連性に矛盾が無いように、事細かく精査することが求められます。自由度が高いがゆえに、この作業はものすごく大変で、様々な事例を想定した際に、裁判になっても負けずに勝てるか、等の調査が必要になります。また、ロジックが不十分だった際の損失は莫大になります。ということで、「信託契約とその登記」を専門職にお願いすると、不動産価格以上の報酬を支払うこともあるかもしれません。
 
【ゆるーい考え方も】
自己責任で、「信託契約とその登記」を自分でやるのは、以外にもすーっと出来ます。司法書士がやらないといけないなんてことはありません。もちろんご自身で、ロジックを精査し、いろいろな想定に耐えうる信託スキームが形成できれば、自分でやってもいいのではないかと考えています。私もそんな感じで今回取り組みましたが、途中、信託の専門家にも相談したり、公証役場とも散々契約内容を詰めて対応し、最終的には、プロからも(無責任的に個人的にですが)お墨付きを貰えました。ですので、きちんと詰めていけば完全自己責任のもと遂行できるプロセスだと思っています。そのような方のお役にたてれば嬉しいです。しかし、私は一切の責任を負いません。とは言わせてもらいます。完全あなたの自己責任で!ということでご理解下さい。
 
以上、注意事項でした。
 

 

 

さて、「信託契約」を作りこむ部分について進めていきます。

 

信託契約を作りこむときに必要になるのが、現在どんな問題があり、それを解決するためにどのようにしたいか?について明確にロジック立ててまとめることです。

 

次に、そのロジックにおける問題点が無いか?特に、税務に関しての問題点。。。というか、考え方を変えて、税務署はどう解釈してくるか?つまり、自分が税務官だったら「租税回避的にやっているんじゃない?」と疑う視点で一度そのロジックを見ていくことも必要です。

 

さらに、第三者が絡む場合に、特に必要な事ですが、第三者がその信託契約のロジックを壊すことが出来る穴が無いか?について見つめなおすことも必要です。

 

問題も分かっていて、やりたいロジック(信託契約案)も作れた。そしたら、そのロジックのバグ出しをしていくんです。バグ出しにおいては、裁判所の判例を見たりすることも必要になるかもしれません。実は、このバグ出しが非常に大変なのです。

 

お金をもらって業として信託契約に取り組む司法書士などは、このバグ出しが完全にできていないと、後にこのロジックが実行できなかった際には莫大な損害を請求されることになるかもしれません。絡む資産が、不動産なだけに、莫大な損害になります。ですので、一般的に、不動産に絡む「信託契約とその登記」の報酬は非常に高いものになるのです。

 

大枠の流れを上記で説明しました。実は、上記のバグだしのプロセスが最も大変で重要ですのでよく覚えておいてください。

 

さて、では、具体的な問題から始まります。クローズアップ現代のリンクをまずは読んでおいてください。(今日はじっくりとこの記事を読んでおいてください。)表面的な部分だけの内容なのですが、リンクにあるような相続関係の事例が今の信託契約に多いのです。私は、全然関係ない投資戦略で使いましたが、、、、皆さんの興味がまだあれば、次は具体的な話を事例にして書いていこうと思います。

では。

 

 

ここをクリック→人気ブログランキングへすると順位が上がります。

「信託契約とその登記」について興味ある人だけクリックしてねそれ以外はクリックしなくてOK

 

 

コメント一覧

クリックをしました。ご紹介のあった「クローズアップ現代」を私も見ました。これを見たときは、このところよく言われている「相続=争続」にしないように準備と配慮の話かな?。。と簡単に決めつけて放送を見ていました。大家学様の記事がなければ、「信託契約」を考えてみようと思うことさえできなかった思います。(思い込みとリサーチ不足ですね。)気を付けていきます。引き続き、記事をお願いします。

  • チューリップさん
  • 2017/04/08 8:19 PM

チューリップさん
クリック応援ありがとうございます。嬉しいです!昨年までは、私も信託契約?って感じだったのですが、そのすごさに目覚めてはっとしてから勉強を始め、実践してしましたので、みんなで共有して一気にレベルアップしていきましょう!

コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM