退去後の部屋の確認

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は東京ビンテージアパートへ、退去後の部屋の確認に行きました。

 

応援クリック→人気ブログランキングへをお願いします!
またコメントいただけると嬉しいです。

 

この部屋は、むかーし、私がなんちゃってリフォームをしたお部屋なんですがどうなっているか。。。。

到着すると電気の線が抜かれていました。

速攻、東京電力に電話しましたが、10分して繋がり、住所言って「繋いで」って言ったのですが、その後も散々またされ、、

口調はマニュアルでもあるのか、バカ丁寧なんですが、あまりの話の遅さに切れ気味になりました。

ただ、「早く繋いでくれればいいんです。」最後は怒りながら説教して早く繋いでもらうようにお願いしました。

結局、午前中に電話したのに、その後、夕方近くになってようやく担当が来て繋いでくれました。

東電、最近対応が遅いです。原発事故の影響で、優秀な人がいなくなったのかな〜?

 

さて、部屋の中は、、、、

スッゴク汚い。。。。

しかも電気も付かず暗いので、奥の部屋はどのくらい汚いのかも分からず。。。。

 

しょうがないので、マイペットと激おちくんで少しずつ磨いていきました。

 

磨き続けていると、夕方にやっと電気を繋いでくれた!

そして、部屋を見てみた。

 

 

ずーっと磨いていたので、すごくきれいになっていた。

 

でも、問題も沢山。

・ エアコンのリモコンが無い

・ 洗濯機の水栓金具が変なところから取り外されている

・ 浴室の戸のガラスが半分無い!

・ クロスが汚い

・ いまだにバランス窯

 

そうそう、クロスの汚さは電気がついていなくても分かったので、お昼に、ここから歩いて30秒のところにある内装屋に仕事お願いしてきた。現場近くの地元で業者を開拓すると結構良いことあるので今回はそこにお願いしようかと思う。

完全に、内装屋さんも私の事を業者と思ってくれたので、業者 対 業者 のスタンスで話をし、その影響か、平米単価も、まあ、安いです。

 

応援クリック→人気ブログランキングへをお願いします!
またコメントいただけると嬉しいです。

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM