梁磨きと柿渋着色

帝都戸建て comments(2) - ガク

おおやがくです。

 

今日はテイコちゃんへ電車で行きました。

 

応援クリック→人気ブログランキングへをお願いします!
またコメントいただけると嬉しいです。

 

 

冬は寒いです。

まだ、エアコンは無いのですが、浴室に浴室乾燥機が付いていて、最悪はその暖房機能を使えば、凍死しません。

ということで、電気系の接続をしました。

ブレーカーから取り付けます。新規調達したブレーカー

 

配線をつないで盤に持ってきてから、、、

 

ブレーカーを取り付け、配線の接続をしました。

 

動作確認でバッチリOK! 暖房すると確かに暖かい。。。良かった良かった。

 

その後、2階の梁を磨きました。何故か、と大きく書かれています。せめて、「いろはに」とかで書いていて欲しかったんですが、変てこな棟梁です。

 

イノグチのサンダーをグラインダーに取り付けて磨きます。

 

天井付近の作業です。さすがに、私、羽とか生えていないので、下から脚立で作業するわけで、頭や目や鼻や口にいろいろんと飛んでくるので、完全防御して作業します。ゴーグルとマスクは必須です。

 

磨いた後は、柿渋攻撃!

本当は柿渋って、塗った直後は色の変化は無く、時間と共に黒くなってくるんですが、この左側のを最初に塗ると、黒い色を最初から出してくれます。まあ、柿渋専用の着色料です。

 

良い感じの色になりますね〜

 

今日は着色料をぬりぬりして終了。

 

 

応援クリック→人気ブログランキングへをお願いします!
またコメントいただけると嬉しいです。

 

 

コメント一覧

12も拾弐とかだったらマシだったでしょうか?
黒と(赤)茶色ベンガラがあって、それを柿渋に混ぜると調色できますよ。
天井の作業は体勢的に疲れますね、でも仕上がってくるのを見返すと充実するんですよね。
僕はこの前、ペンダント照明の位置決めでそこそこ疲れました。

  • mmmさん
  • 2016/12/13 11:54 PM

mmmさん
コメントありがとうございます。
なるほど〜柿渋にも着色ってあるんですね〜
天井はほんと大変ですよね、今日は、「重力が〜」という一日でした。

コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM