事務手数料

Kawasaki New RC comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

先日契約した川崎市S区RCの入居者の件です。

 

応援クリック→人気ブログランキングへをお願いします!
またコメントいただけると嬉しいです。

 

先日契約した川崎市S区RCの入居者様ですが、勤務先経由で、某賃貸リース管理会社から社宅として契約しなおしたい旨の連絡がありました。これはいわいる、企業の福利厚生を外部移管するようなスキームで管理を簡素化したいというような要求にこたえる為にある会社です。

 

で、こちらとしては入居者も望んでいることであると思われるのでOKしました。一通り契約関係の要求を書面に書いて送付していました。

 

そして、某賃貸リース管理会社から電話があり、妻が受け答えしていたようでした。

 

甲高い女性の声(以降、パー子で)。。

「書類が届きまして〜 この間ご主人様とお話し、合意していただきありがとうございます。一点、確認したいのですが、町内会費はどんな感じなのですか〜?」

 

「2年分の一括の金額です。」

 

パー子

「分かりました。。。では更新の時にそれをお支払いしないといけないんですか〜?」

 

「そうですよ。」

 

パー子

「こまったな〜それは、ご本人に請求していただけないかと。。。」

 

「え〜。そちらとの契約なんで、そちらでまとめてもらわないと〜」

 

パー子

「どうしよう〜困ったな〜」

 

そんな押し問答が続き、最後に、寄り切って、、

 

パー子

「わかりました〜。。。。。あと。。。。事務手数料って発生しますかね〜 今回。。。」

 

妻(妻ピーンときた!

「そうそう、それそれ、確認しなきゃって思っていたんです。」

 

パー子

「おいくらかかります?」

 

「確認してからお伝えしますね。」

 

パー子

「でも〜、あれなんですよ〜返信用の封筒も入れさせてもらったりとか、、、なるべくそちらのお手数掛からないように、やらさせてもらってるんですよね〜。」

 

「じゃあ、きちんと確認して折り返しますよ〜」

 

そして、妻から経緯を教えてもらい、こちらに電話をもらうようにお願いして、しばらくするとパー子から着電。

 

パー子

「私、何々会社のパー子と申しますが、今回、XXXのXXX号室の契約を、、、(長い経緯を一通りお話)、、、、

で、お受けいただきありがとうございま〜す。」

 

「いえいえ」

 

パー子

「確認なんですけれど、町内会費ですけど、、、うんちゃらかんちゃら。。。。」

 

結局、話を聞くと、請求書を二枚出してあげればいいようで

 

「大丈夫ですよ。2枚出しますよ〜」

と言うと、パー子安心した模様。

 

パー子

「事務手数料なんですけど〜」

 

「賃料の半分+消費税です!(キリ!)」

 

パー子

「わ、、、わかりました。」

 

ということで、私のところでは事務手数料は賃料の半分なんです。

 

では。

 

応援クリック→人気ブログランキングへをお願いします!
またコメントいただけると嬉しいです。

 

 

 

 

コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM