魔法の言葉

Tokyo Vintage Apartment comments(4) - ガク
おおやがくです。

さて、昨日の新しいIKEAキッチンの解説のその後の話、ランキング10位以内に入ったら書こうかと。。。。「どこまでも自由なキッチン」というコンセプトに沿って計画するお話です。
ということで、変な煽りをいれて(いやらしいな~)、、、、ということで、応援クリック→人気ブログランキングへ←(ここをクリック)を是非お願いします。10位以内に入らないと封印しまーす。(笑。。。)

さて、本日は東京ビンテージアパートの入居契約無事に完了しました。という普通のネタ。
不動産賃貸業は入退去の繰り返しなんです。この繰り返しを確実にこなしていくことがホント大切だと思うんです。

さて、本日は東京ビンテージアパートの入居契約が無事に完了しました。申し込みはすでにいただいていたんですが、本日、金銭授受を伴う契約となりました。

さて、業者さんから
「申し込み入りました~」
という連絡を受けたとき、他の業者にどう答えるか、これって本当に難しいと思うんです。
むかーし、申し込みの連絡を受けて、すぐに他業者にその旨を伝えて活動を止めました。
すると、その後、数週間して突然キャンセル!食らったことがあります。

その時は、申し込みから契約までの時間が長すぎて、契約の詰めの段階で話が無くなったんです。それ以降、申し込みを受けた際には、必ずこう言うようにしています。

「申し込み書だけでは拘束力無く、こちらとしてはキャンセルのリスクがあるので、金銭授受した本契約までは他業者は止めないので、申し込んだ方にその旨伝えて、早めに契約をしてくださいとお伝えください。最悪、他の方が先に契約した際はごめんなさいさせていただくこともあります。」

と、すると、業者さんは少し焦り、契約を速めるように調整してくれます。
さて、実際そんな感じで客を付けてくれた業者には伝えるんですが、その後、他業者から連絡が入った際にどうするか?なんです。これは難しいです。

この申し込みの確度が高ければ、
「すでに申し込みは入っているんですが、キャンセルの可能性もあるので内見だけは進めてください。」
と言いますが、かなり業者さんのトーンは低下します。

申し込みの確度が低い場合は、たとえば、何も言わない様にして、そのまま内見させてしまうとすると。。。。ダブルで申し込みを受けてしまうこともあります。そんな時は、どちらかを断らなくてはいけないので、かなり辛い調整作業となります。

ということで、申し込みが入った段階でも他業者に積極的に動いてもらえて、その後も調整が楽な「魔法の言葉」を探しているんです。でも見つかってません。まだまだ、勉強の道は続く。。。。。

何か良い「魔法の言葉」しりませんか?


応援クリック頂けると嬉しいです→人気ブログランキングへ←(ここをクリック)














コメント一覧

今まさに、同じ悩みがあります。
なるべく早く入金してもらえるようにお願いしてますが、どうするのが最善なのか。。。

  • ふじたさん
  • 2016/01/24 1:16 AM

客付けの業者さんの問合せに1番手の申し込みが入っていると伝えると相手のトーンが下がりますよね。。
私の場合は、契約が終了するまでは募集を止めません。
申込書を見て確度が高い場合は申し込みが入っていることは言っています。
申し込みがダブった場合はよりその物件にあった方に入居してもらっています。
入居者さんも部屋を選ぶのでしょうが、大家も入居者さんを選ぶべきだと思います。

  • ポセさん
  • 2016/01/24 2:42 PM

ふじたさん
コメントありがとうございます。やはり、皆さん悩まれますよね〜
入居申込書にある程度強制力があればいいんですが、無いのが悩みどころです。

ポセさん
コメントありがとうございます。ほんとその通りだと思います。わたしもそんな方法でいまはやっています。

コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM