京都でおのぼりさん旅行

Property Analysis comments(4) - ガク
おおやがくです。

今日は京都で観光ルート巡りをしました。


よろしければ、皆さん応援クリックお願いします。→ 人気ブログランキングへ
また、お気軽に何でもコメントいただけると嬉しいです。


京都で巡るべきお寺や神社は結構離れて存在しているので、移動が大切です。
外国の旅行者に交じって観光案内でいろいろと聞いてみると、下記のような乗車券が便利!ということが分かり購入しました。これは、市バスと地下鉄の乗り放題チケットです。

ほとんど、バスに乗り移動します。路線図は複雑なのですが、大体行きたい方向に載っていって乗り継いでいくとなんとなく目的地に近づくことができます。バスの本数も多いので、大抵10分も待たずにバスが来ます。みんな、旅行者も京都居住者もバスに乗っていました。外国人も、何人かと話しましたが、英語、スペーン語、フランス語、中国語、韓国語、イタリア語とほんといろいろな方がまんべんなくいらしていました。みんなバスに乗っていました。京都はバス天国ってことが分かりました。(たぶん。。。)東京でいうところの地下鉄のような感じで考えるといいのかもしれません。


さて、実は、京都へは、高校生の時修学旅行で来たっきりで、また、その時はバスで連行されていたのでほとんど京都を理解していませんでした。ということで、完全におのぼりさんなので、まあ、そんな感じで、いろいろと書いていますが細かいところはスルーしてください。

まず、京都について最初の感想なんですが、
「ビルが多い!」
って思いました。最初の頭のイメージは、町全体が木造の町屋のようなイメージでしたが、ビルとか普通にあり、完全に都会!でした。
あ〜勘違い勘違い。。。
それはそうですよね。みんな生活しているんですから〜
その中でも、スッゴイと思ったのは、ビルの垂直水平のスカイラインに突如現れるチルトしたシルエット!
そう、大きな瓦屋根が、ビルのラインを超えて、大きく伸びていること。普通、斜めの屋根って、小さい戸建てなので、ビルよりも小さいじゃないですか〜
でも京都の町の中では、この斜めのラインが、ビルの大きさをはるかに超えたスケールで存在しているんです。なんとも圧巻な姿でした。京都駅から見える東本願寺を最初に見たとき、「なんだあれ!」
っていう驚きがありました。


さて、昨日、今日と、いろいろと周りましたので、その時の写真を一部載せます。



清水寺の両脇の門が改修中で、工事風景を覗き見しました。
瓦がすっゴイです!



お約束の清水の軸組

鴨川のほとりのビル?

石庭の建物のサッシ?木目の生かした細工が凄かった

瓦と共に多いのが杉の皮の屋根。これも凄い細かいです。







金閣寺の雨どいに驚いた!なんか伸びてるんですよ〜





こんな標識が。。。もちろん、舞妓さんも3名ほど見かけました。黒塗りの車でお出かけしていきました。





そうそう、京都で面白いと感じたのは、こんな光景

まあ、これは分かります。町屋ってくっ付いているでしょ。昔ながらの名残でこんな感じなんでしょうね〜って思うんです。

じゃあ、これは、、、
これも、だんだんモダンに改修されてきているんで、徐々に町屋って感じからテラスハウス?って感じに。。。

そして、完全にテラスハウスに。。。。

多分、昔の町屋がテラスハウス化しているのでしょうね〜。
それしても、ほんとみんなくっ付いています。RCなんかもくっ付いているんです。
東京ではあまり見かけない光景で衝撃を受けました。

そして、古き瓦ぶきの町屋って少ないと思ったんですが、沢山ありました。そして、ボロボロの状態の町屋が沢山ありました。しかも、観光客はうじゃうじゃいるんです。
多分、町屋って、ボロボロで、しかもくっ付いているんでそんなに高くない気がするんです。
なんだか、ボロボロの町屋って宝の山に見えてきます。

だって、旅行客向けで考えると月ベースで20万円くらい取れるでしょ〜。東京とそれほど変わらないくらい取れるのにたぶん不動産の価格は安い。しかも、将来的な潜在能力は非常に高い。外国人から見ると、日本って京都のイメージが高いから。。。。

もし、自分、京都に住んでいたらボロい町屋を買いまくっていますね。絶対!
ほんと、宝の山に見えましたよ。



よろしければ、皆さん応援クリックお願いします。→ 人気ブログランキングへ
また、お気軽に何でもコメントいただけると嬉しいです。



PS。。。。、ちょっとアットホームで売り町屋を覗いたら、意外と高い値段していました。
世の中そんなに甘くないな〜


コメント一覧

町屋(に限らず市内の物件全般に)高いですよね。再建築不可でも結構な価格でびっくりですよ。
京都でも確実に空家は増えているのですが、なぜか不動産価格はさほど下がりませんね。

10枚目の写真の加茂川沿いの和風ビルは、元は鮒鶴という料亭旅館で、
今はFunatsuru Kyotoとして、結婚式なんかもできるフレンチレストランになっています。
夜になると建物全体に電球色の灯がともって、対岸からの夜景はとてもとても綺麗なんですよ。
伝統建築ではなくビルですが、かなり古いものなので文化財になっているそうです。
うまく活用してくれる企業があって良かったです。

  • のんたさん
  • 2016/01/06 4:58 PM

ども。
一杯写真ありがとうございます。
町屋いいですよねー。

京都って、土地が、ウナギの寝床みたいな土地が多くて、建物モノつながっているケースが多いですよね。
でもって、土地の値段って、こういった形状の方が高く取引されるとか。(地場の業者さん情報より)

観光客はほんとどこから湧いてきとんだというほど多いですから、僕もこの辺にちょいとした物件を考えてみているのですが、、如何せん融資が、、、悩みどころであります。

ボロイ町屋なんて、ガクさんのオハコだから、テイコ(京都版)チャレンジしてみては?((笑))

  • kanaloaさん
  • 2016/01/06 8:26 PM

のんたさん
鴨川のほとりの物件って雰囲気有りますよね〜京都はゴチャゴチャシタ感じもいいんですが、鴨川の物件は一方向が抜けていて開放感があり、建物からの光が鴨川に向けて発されている感じがいいな〜って思いました。

kanaloaさん
ほんと、京都は賃貸やりやすそうな気がしてきましたよ〜
今後の法整備もにらみつつ長期でウオッチしていこうとおもいました。
京都のテイコちゃんも欲しいな〜

コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM