ネットバリューのお話

Property Analysis comments(0) - ガク
おおやがくです。

もう、年末休日モードです。
せっかくの休日モードなので不動産の戦略について思うところをだらだらと。。。。

よろしければ、皆さん応援クリックお願いします。→ 人気ブログランキングへ
また、お気軽に何でもコメントいただけると嬉しいです。


皆さん、、特に不動産を買って間もない方や、まだ購入はしていないけれど不動産投資をしたいという人とかは、安くって利回りの良い物件が欲しいと思うんですが、もし「安くて利回りが良い物件が一番」と考えているようでしたらそれは投資の一面しか見ていないことになるんです。

不動産の醍醐味って、やはり「不動産自体に価値がある」ことだと思うんです。ですので、利回りが良い物件というのは、お金は確かにジャンジャン入ってくるんですが、不動産の価値自体は低いことがほとんどなんです。結局、全体の投資から得られる利益というのは、最終的に残るもの、つまりは「お金」と「不動産」の双方なんです。一方だけ見ていても投資としては考え方が偏っていると思うんです。

最近、激安戸建て投資とか、はやっていますけど、確かに、つぎ込んだお金に対して、リターンのお金は良く、さらに、最終的に不動産自体の価値も残るんです。ですので、リターンのお金+不動産の価値が残るんです。おおお凄い!と思うかもしれないんですが、、、、

これが、もし利回りのそれほど良くない普通のアパートだと、お金はちょぼちょぼ溜まる程度なので、それほど美味しくないって思ってしまいがちなんですが、最終的に残る不動産自体の価値が非常に大きかったりするんです。

なんだか、情報商材とか変てこなSP○とか、表面的な雑誌では、キャッチ―さ加減がいい加減な感じで、非常に重要視され、「高利回り!投資に対してのリターンがXXX%」とかそんな感じの手法に注目して記事を書いたりしているんです。一般の人は「資産=お金」としか理解することができないんだと思います。不動産投資の醍醐味っていうのは、「資産=お金+不動産」という点なんだと思うんです。

こんなことを考えていくと、結局何が大切かというと、ネットバリューという考え方なんだと思うんです。ネットというのは網の事です。つまりはトータルの投資全体に網をかけて結局どのくらい儲かったのか?そんな考え方が大切だと思うんです。

私の友人たちで、再建築不可物件とか、高利回り物件とかそんなキャッチ―な物件をたくさん買って成功している人も多いんですが、結構成功している人は、ネットバリューと言いう考え方を理解している人がほとんどなんです。分かっていてあえてその戦略をとっていることが多いんです。また、利回りがそれほど良くなくても優良な不動産を所有し成功している人も多いんですが、そんな方もほぼネットバリューという考え方を理解している方が多いんです。

結局、最初に、不動産投資を進めていくに当たっては非常に偏った考え方を信じて押し進んでいくことが多いんですが、途中で何か疑問を感じて、自分でよく考えて方向性を修正していく人が多いじゃないかと思うんです。結局は「資産」である「お金」と「不動産価値」のバランスの均衡を保とうとして修正して行くんだと思うんです。

ということで、一つの戦略だけでなくいろいろな戦略で何が違うのかを考えると、将来本当に不動産で成功する道が開けるのではないか?
情報商材は、素人をだますためのもの、、、、つまりは、「お金」に偏った重点を置いて作られていることがほとんどなんですので、その点を気にかけるといいような。。。。
結局は、資産=お金+不動産価値と考えると、つまらない普通の物件にお宝があることも多いと思うような。。。。。



よろしければ、皆さん応援クリックお願いします。→ 人気ブログランキングへ
また、お気軽に何でもコメントいただけると嬉しいです。




コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM