金利変更

銀行 comments(0) - ガク
大家学です。
銀行の金利変更確定しました。

今まで銀行金利等については、種々のブロガ―の皆様の情報が交渉時の役に立ちましたので、今回の私の情報も多少皆様の役に立つかもしれません。ということで下記致します。

信用金庫で融資を受けている、プロパー融資5年固定1.6%と10年固定1.9%の2本を、現在固定期間中ですが、再度、5年固定1.2%、10年固定1.3%へ変更しました。信用金庫なので調達コストは都銀や地銀に比べ高くなるので、それほど低い金利ではありませんが、まあ低いというところだと思います。これから種々の手続きを実行していきます。これで、チョットしたアパートの一室分くらいの家賃分にはなりますので、こういう交渉も大切なのだと思います。

ちなみに、交渉の際には、、、行員が稟議書を書く際の”ネタ”を提供しなければお願いは出来ません。今回のネタを下記します。

・他銀行からの融資実績を提示(もっと低い金利水準)
・現在のままだと上記銀行への借り換えメリットが大きい
・取引を継続したいが、上記デメリットを解消してほしい

こんな感じでストーリーと種々の資料を準備してあげました。交渉の途中、時期的に法人の決算と重なるので、決算書あった方がうまくいくんでは?と問いかけていましたが、予想通り、本部からも法人の決算書を要求されたようで提出しました。担当も稟議書は書きやすかったと思います。比較的スムーズに交渉は進みました。じっくりといろいろなお話をしましたので、今後もこの銀行とは強固な関係が築けそうです。
これは持論ですが、銀行と強固な関係を築く上で大切なのは、相手の立場になってよーく考えていくことだと思います。良くある裏情報とか商材とかの小手先の情報に惑わされず、「そもそも銀行が何をしていて何でもうけているか?」を良く考え、そして更に「銀行員の成果」とは何か?良く考えてあげればおのずと答えは出るのだと思います。

お役に立ちましたら応援クリックをお願いします → 人気ブログランキングへ
コメント一覧
コメントする

 

無料ブログ作成サービス JUGEM