ムダすぎる労働力の投入

妻のつぶやき comments(0) - ガク
りのです


川崎T区RC物件に放置自転車が4台あります。

先日、突如、主人が、
「放置自転車の対応がずっと放置されていて・・・」と急にそこにフォーカスしちゃって、
私にブツブツとぼやきはじめました。

そのぼやきが私の対応の遅れを指摘しているようにも聞こえて、私のやる気スイッチが一気にやけに点火!!!

警察に盗難の届け出がないかとか、入居者にお知らせを配り、放置と思われる自転車には張り紙で警告をしました。

その猶予期限の区切りをちょうど浄化槽の立ち会いの日に重ねていたので、現地に行っている主人に電話で張り紙の残っている自転車の台数を確認しました。

回収業者をいろいろ調べた結果、市の粗大ごみとして出すのが一番安価で確実であることが分かり、回収の予約を直近日で手配し、段取りを全て整えて主人に電話しました。
 
ママチャリ1台¥500×4=2,000

この位の金額なら、良心的だし、これでスッキリするなら、安い、安い!

うきうきしながら、主人に電話をし、
「コンビニか郵便局で粗大ごみの券を買って貼って道路側に出しておけばOKだから!」
と、伝えると、、、

「えぇぇ〜〜〜、10月4日までまだ日にちがあるじゃん。それまで道路に出しておくと、敷地が荒れるから、それは面倒だな〜〜〜。」と主人・・・・(;一_一)

なんとも私が全く想定していない返事をして電話の向こうで渋っています。

はぁぁぁぁぁぁぁぁぁぁ〜〜〜〜〜〜〜〜(;一_一)

全く理解不能な返事にその真意を確認すると、
主人はどうしても今日中に解決したいと・・・。

そして、うちの市内の業者に持ち込んで処分できないか調べてみて!とのリクエスト。

ふぁぁぁぁぁぁぁ。

しかたなく、調べると、我が市内はタイヤさえはずせば、2週に1度の缶以外の金属の資源回収日にママチャリサイズもそのまま出せるらしく・・・。
しかも、今週中にその回収日があります。

それをまた主人に伝えると、
「いいねぇ!それが一番いいんじゃない。積んで持って帰って出そう!!」と。

”””えっっっ、ママチャリ4台も積めるのかなぁ???”””

私の頭には沢山の???がありましたが、主人がそれがベスト!と言いきるので、
もう、し〜らない!!!

帰宅した主人は、
「相当大変だった。3台目までは平気だったけど、4台目が・・・」と、言いだします。

ほれみたことか・・と、一気に私の不平不満も大爆発!!!

「ホント、大変だった。前輪外して4台乗っけて、、、
今度からは現地で解決してくるのが一番だね。」としきりに反省の主人。

気づくのが遅すぎ〜(;一_一)

こういうのはただの無駄な労働力の投入だと思うのですが、主人は自分で容易に解体とか修理が出来るのでまず自分でやれると瞬間的に思っちゃうみたいです。

この姿勢にはホント良し悪しがあるので、困ったものです。

ただいま、回収日まで自宅敷地の一角が自転車4台の不思議なボリュームに覆われています。出すまでホントにやきもきしますっ。

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキングへ(←ここをクリック応援おねがいします。)
また、お気軽にコメントいただけるとうれしいです。

美味しいお酒

妻のつぶやき comments(0) - ガク
りのです。

先日、主人の海の趣味友達やその家族が多数集まり、海沿いの行きつけのお店で夜な夜なBBQをしました。

もう、かれこれ、海の趣味を通じ、家族ぐるみで10年以上の交流があるオールドなお仲間達です。

10年ひと昔と言いますが、みんないろいろな意味でいい感じで円熟している感じがします。

昔を懐かしみつつ、現在、未来を語り合うお酒は本当に美味しいです。

だいぶ過ごしやすくなってきた秋の夜長に、美味しいお酒をますますたくさん飲みたいと思う今日この頃〜〜、明日も頑張ろうっと!!

でも、飲み過ぎ注意〜〜〜☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキングへ(←ここをクリック応援おねがいします。)
また、お気軽にコメントいただけるとうれしいです。

2度の傾斜

妻のつぶやき comments(2) - ガク
りのです。

最近、主人が連日はりきって更新しております。あらら〜〜?!
そ〜んな珍しい、稀なことをするからか・・・今週末は台風が関東を直撃するようです(笑)

 
いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキングへ(←ここをクリック応援おねがいします。)
また、お気軽にコメントいただけると本当うっれしいです!

 

というのは、冗談で、、、
短期間に張り切って暴走してお疲れなのか、今日は私にすんなりとバトンが回ってきました。

というわけで、今日は、わたくし、りのがや〜んわりと登場です!(^^)!


先日、主人と下水の詰まりを確認&早期対処に出かけました。

大家業は本当に驚きのいろいろな体験が出来ます。
屋根の上に上ったと思えば、今回は配管関係・・・。気合いじゃ、気合!!!

さて、マンホールを開けて確認しようと中を見ると、
たまたま、タイミングが良すぎたのか、、、なんと、、、なんと、、、
トイレで流されたウン様が、その後の旅に出る様子をはじめて見てしまいました。

おぉぉぉ〜〜〜!!

流れにのって、水の滑り台に身を任せて、
””どんぶらこ、ドンブラコ”” と、優雅に流れていきました。

すると、主人が、
「下水の配管の勾配って何度くらいか知ってる?」と聞いてきました。

そして、超・雑学講座のはじまり、はじまりで、
「勾配がゆるすぎると流れないで滞ってしまうし、勾配がきつすぎると水だけが先に流れちゃって固形物は置いていかれちゃうんだよ!だから、2度の絶妙な勾配なんだ!!」と主人。

へぇぇぇ〜〜。

ウン様の最後は置いて行かれないで流れに乗っていけた方が美しいに決まっているので、
2度の傾斜は美しく終焉するための絶妙な勾配であるということを超・雑学講座で知りました。

こんなこと知ってて、今後、何の役に立つかな???

絶妙な勾配=2度

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキングへ(←ここをクリック応援おねがいします。)
また、お気軽にコメントいただけると本当うっれしいです!

 

言葉で広がる無限の可能性

妻のつぶやき comments(0) - ガク
 りのです

前回の記事、、、
わたしは、お店で「おい、こら!」なんて、言いません?!

どっちかというと、私が主人に「おい、こら!!」です(ーー;)

主人は私をブログ上でどんなキャラに仕立て上げたいのかなぁ・・・
想像すると、ちょっと、微妙〜〜〜。
まぁ、全然、へっちゃらですけどっ(笑)


さてさて、気を取り直して、今日のテーマは、
「言葉で広がる無限の可能性」についてです。

NZに3週間滞在して思ったことは、言葉の可能性!

たくさんの人とお話をする機会があったのですが、自分の英語力の現状を思い知りました。

話が通じてとてもワクワクする感じと、もっと話を深めたいけど言葉が出てこないぃぃ
と落胆する体験をたくさんしました。

全体的にはもっともっとたくさん話しが出来たらいいのに!と思うことのほうが
多かったけれど、そういう気持ちは今後の私自身のフレッシュなモチベーションと
なりそうです。

滞在中は、毎日、毎日、言葉で広がる無限のコミュニケーションの可能性について
体感することがとても多かったのでこの気持ちをこれからの力にしていきたいです。

子供たちにも変化がでてきました。
子供たちは英語が分からなくてもサッカーボールひとつでたくさんのニュージーランドの
友達を作りました。
子供同士でも子供の世界での言葉によるコミュニケーションはこれまた必須です。
分からないことの悔しさと話せたらもっと楽しいのに!という気持ちがたくさんたくさん
芽生えたようです。

なので、子供たちも巻き込んでこの気持ちを大事にして行動に移していきたいです。

いざ、前進!!

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキングへ(←ここをクリック応援おねがいします。)

NZ⇔日本の不動産業者とのやりとり

妻のつぶやき comments(0) - ガク
りのです。

NZ滞在中、心配だったことのひとつが不動産管理の問題。2室の空室があるため、募集は継続してもらっていながらドタバタとこちらに来たため、連絡手段としては、あらかじめ、メールを主に、050電話等で連絡を取らせてもらう旨の連絡を関連の業者さんには伝えていました。

でも、いざ、日本を離れてみると、その辺りの連絡のやりとりがどこまで可能なものかが不安でもあり・・・・。

ところが、大体のことはメールでやり取りしながら、スムーズに事が進み、1室申し込みが入りました。契約に向けての連絡もほぼメールでカバー出来て、連絡のやり取りにはそんなに問題がないことが分かりました。日本との距離感をあまり感じさせないやりとりが出来ているので、ホントに便利な時代だな!とつくづく思っています。

これからもこうして日本を離れることがあると思うので、ネットワークの強化は常に考えておきながら、最適な方法を選択していきたいと思います。

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキングへ(←ここをクリック応援おねがいします。)

RotoruaのWaimangu渓谷 in NZ

妻のつぶやき comments(0) - ガク
りのです。

NZから母に電話をしてみたら、、、
「日本は40℃よ!道路から湯気が上がっているわよ。あんたたち、いい時に日本を逃げ出したわね!暑くて暑すぎてもう日本に帰ってこられないんじゃない??」
という母・・・。
確かに、こちらは、長袖の薄着でいられるときと、ダウンジャケットを羽織る位の涼しげで活動しやすい気温です。

ただいま、私たちはNZのRotoruaに滞在しています。

Rotorua周辺は世界的にも珍しい大地熱地帯ということで、ここでは、自然のダイナミックな景観をぜひ子供たちに見せたい、感じてほしいと思っていました。

今日は、その中のWaimangu Volcanic Valley(ワイマング火山渓谷)に出かけました。
ここは、火山渓谷の様子を見ながら、約4時間ほどのトレッキングが出来るとのことでなんとも一石二鳥なスポットです。

火にかけたフライパンのように湯気が出ているフライパン湖。温水の広大な湖です。

岸壁からは蒸気が立ち上がっているというか、勢いよく噴出しています。

湖のあちらこちらから煙が上がっています。

音を立てながらスプラッシュしている場所があちこちにあります。
これぞ、「地球の息遣い」

楽しくトレッキング! 途中、スコールに見舞われ、ずぶ濡れに・・・。

遊覧船クルーズ! 船首に陣取って湖畔の様子を見ている我が息子。
熱心な後姿に見えますが、実は、とってもお腹がすいていて不機嫌な息子でした。
まだまだ、生理的欲求が一番に満たされないと調子が狂う子供です!


ミルキーブルーに光り輝く湖畔。

約4時間ほどで渓谷を周りましたが、見どころがいっぱいなのであっという間な感じがしました。

地球の壮大さを体感しました。

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキングへ(←ここをクリック応援おねがいします。)



NZのHot Water Beach

妻のつぶやき comments(0) - ガク
りのです。

本日もNZ日記です。

8月12日月曜日にWhangaparaoaより南下をはじめました。
宿泊先のオーナー夫婦と涙ながらの別れがありました。
「私達をニュージーランドにいる父、母と思ってね」とプレゼントまでいただいてしまいました。

”もっともっといっぱいお話がしたかった!”という私自身の今後の英語力アップの動機づけになる関わりがありました。
今回の旅では、言葉で世界がもっとぐっと広がる!と改めてしみじみ実感しています。


さて、南下をはじめて、向かうはHot water Beachがあるコロマンデル半島の東海岸!
主人の希望で、
「NZで砂浜に穴を掘って砂から温泉が出るスポットがいくつかあるらしい!その中の一番メジャーなところに行ってみて温泉を出して海を見ながら温まりたい!そのそばのロッジで一泊しよう!」と、、、なんとも、うわっ、本気か〜〜という強硬スケジュールが提示されました。
”こんな寒い時になんで〜〜”と子供と私が気乗りしない中、向かうはHot Water Beach!!

オークランドからは約3時間程かかる途中に虹がかかる街がありました。
Tairuaというヨットがたくさん停泊しているリゾート感たっぷりの港町です。
でも、オークランドよりもだいぶ離れてきているので街の雰囲気も違って見えます。
こういう場所でも不動産屋を通るとチラシをゲットしてエリアチェックは必須の作業です!
現地で街の雰囲気を感じながら、その場所の不動産情報を収集することはとても面白味があります。

そ〜して、段々と山道を走って行くと、売り物件にhaの文字が入っていました。
1ヘクタールって??
いまいち、そういう単位が分からない私です。

さてさて、やっと目的地に到着!

干潮の時刻を待って、穴を掘り始めました。
一番気乗りせず半信半疑だった娘も地面の温かさと掘れば温水が湧き出てくるワクワク感でどんどん夢中になっていきました。
掘っている間もどんどんと人が増えていき、あちこちでドイツ語、英語、中国語、イタリア語などが聞こえてきます。特にこの日はドイツ人の若い女性が多くて、あちこちで出来上がった自前のお風呂にビキニ姿で寝っ転がっています。
私たちも家族が入れるほどのスペースが掘れたら、あとは温まるだけ!!
ふるえるほど寒かったのに50度以上の温泉がどんどん湧き出てきます。
それに海水がいい具合に混ざって、40度から45度くらいの露天風呂が出来上がりました。
主人と息子の頑張りで深さがあるお風呂が完成しました。
その後は家族で入ってしまったので写真がないのですが、周りは結構なにぎわいです。
あたりは温泉独特のにおいが立ち込め、湯気がもくもくしています。
こんな感じ↓↓

NZにはこういうビーチのスプリングスポットがまだまだあるみたいです。

結局、なんだかんだと周りの外人とお風呂が波で決壊する夕暮れ時までのんびり浸かっていました。驚くほど、体がポッカポカになりました。

その夜に泊まったファミリータイプのコテージです。2階建ての木のおうちは意外と広くてきれいでビックリしました。

次はRotoruaに向かいます。Rotoruaは有名な観光スポットなのでこういう場所での不動産情報はどんな感じでしょうか??楽しみです。

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキングへ(←ここをクリック応援おねがいします。)



下記は、同じ日の大家学の日記です。

昨日までで、おおよそ、Auckland近辺を巡ることが出来たので、今朝、Aucklandを出発しました。今までお世話になったオーナーにお別れの挨拶をすると、ボーンカービングの美しい飾り物のプレゼントをいただきました。妻は少し涙ウルウルです。今回滞在した滞在先のオーナーは、60歳前後の活発な夫妻で、最初到着したときに、自宅の方へ招待していただき、いろいろなお話をしました。その後も海岸での散歩で偶然出会ったり、また、朝の挨拶などで、仕事の話や、将来の話、お互いの夢などを希望に満ちた話を沢山しました。妻も一生懸命英語で頑張り、最後にはNZのお父さんお母さんのように感じるまでになりました。
最後もお互い「Keep in touch with you.」です。いい言葉です。今後も長い繋がりを築けそうです。

Aucklandを離れる前に、会いたい人がいました。今までのオープンホームでも多くの物件を手がけていたBarfoot&Thonpsonsという不動産屋さんに一人だけ日本人の女性の方がいるとのことで、この方にお会いしたくMilford支店へ出向きました。残念ながら今休暇中とのことでした。しかし、その場にいた方が、今後メールでやり取りできるようにしてくれるとのことで、こちらの名刺を手渡し是非とお願いしておきました。NZの不動産に関して、今回、地域性と家については一生懸命取り組み、なんとなく掴めてきましたが、法律的、建築的な制限や、税務的なことについては全く情報を捉えていません。その辺りのことをザックリとお話してアドバイスいただきたいと考えていました。こういった専門性の高い分野になると、私の英語能力では全く歯が立ちません。この点については今後の宿題として持ち越します。

さて、Aucklandから高速1号線で南下し、Pokenoの街から2号線で今度は東へ移動します。今日は天気が雨、曇、晴という感じで、スコールのような大雨が10分降って、その後10分曇って、その後10分晴れて、そして、突然風が強くなり、大雨、そして曇り、すぐに晴れ。。。。という訳のわからない天気でした。雲が来ると雨になるということが分かります。さて、終始こんな天気の中、2号線に入ると家がなくなり、牧草地だらけ、道は遠くまでまーすぐな風景が続きます。そして、Topuまでたどり着き、小さなガソリンスタンドでガソリンを入れ、スタンドのお店で「パイ」の大きな宣伝をしていたので、それぞれひとつづつ購入しました。このパイ、中に肉が入り、ボリューム満点でガッツリとした昼食代わりになりました。ちなみに一つ200円くらいで激安でした。ここから、コロマンデル半島の山奥へ25号線で入ります。途中丘の上から大海原を臨み、コロマンデル半島の東岸へ出ました。そして、目指すHot Water BeachにあるTop10 Holidays Parkへ入りました。この場所はキャンプ場のような場所で、いくつかコテージのような部屋があります。ちょうど今日から平日の割引セールが始まったので、一番いいコテージを予約しました。面白い形で子供たちは大喜びです。

さて、この日は干潮が16:30です。このHot Water Beach、干潮時に砂浜を掘ると温泉が出てくるのです。干潮の一時間ほど前に砂浜へ行くと既にいくつかのグループが暖かそうに温泉につかっていました。私も頑張ってレンタルしたシャベルで砂をホリホリ。かなりの重労働でしたが、満足いく露天風呂が完成しました。家族みんなで浸っているとだんだん混んできました。ドイツの方やシンガポールの方、ヨーロッパのどこかの国の方、中国の方、いろいろな人が集まりみんな穴をホリホリ。でも一番喜んで穴をホリホリしているのは我が子供達でした。

ずーと浸っていると、かなり熱くなります。そんな時は海へGo!
なんだか、温泉入ってから水風呂に入るような爽快な感じで、結局2時間くらい露天風呂が満ちてくる波で決壊するまで楽しんでしまいました。子供は終始大はしゃぎです。

本当に自然のままの砂浜で何もない感じなのに、こんな面白い仕掛けを作り出すNZの大自然。お見事でした!

ではでは。

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキングへ(←ここをクリック応援おねがいします。)

ニュージーランド到着

妻のつぶやき comments(4) - ガク
りのです

今朝、ニュージーランドに無事到着しました。

約10時間ほどのフライトの間、主人はウェルカムドリンクにシャンパン、
食事時に赤ワインとニュージーランドのブロンド美人の客室乗務員に勧められるがままに
とばして調子よく飲んだせいか、到着時にはいわゆる二日酔いの状態で撃沈していました。

私としては、やっぱし、だから、ほら・・のほぼ想定通りのダウン・・・。

そんなわけで、今日は、写真もなければ、なんもない一日になってしまいました。

でも、宿のオーナー夫婦とたっぷりとお話しすることが出来ました。
さっそく、私の英語トレーニング in NZ 実践編のはじまり、はじまりです。

今回、ただいま、最初に滞在している場所はオークランドのノースショアエリアの北側の
Whangaparaoaというところです。

小さな半島の間に国道が走っているのですが、その国道を挟んで左右の住宅エリアが海に
面しているという高台です。

とても景観がよく、オークランドのノースショアエリアから続く高級住宅街の雰囲気と
素朴な自然の町並みが入り混じったステキなところです。

私はニュージーランド初心者につき、まだ分からないことも多いのですが、第一印象、
とても住み心地が良さそうなところという印象を持ちました。

これからが楽しみです。

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキングへ(←ここをクリック応援おねがいします。)

会計処理のシステム改編

妻のつぶやき comments(0) - ガク
りのです

先日、法人決算が無事終了しました。

でも、、ホッと出来るのも束の間・・・。
終わりは始まり・・ということで、今年度につなげていかないといけません。

先日、主人と決算書を読み解きました。
というか、、、主人に読み解いて解説してもらいました(^_^;)

昨年は法人一年目ということで、いろいろと難しいことが多すぎて、
正直言うと、いろいろなことがお手上げ状態なわたくしでございました。

でも、でも、いつまでも、降参して手を挙げているわけにもいかないので、
少しずつ我が取り組み姿勢も改めていこうと思っています。

まずは、日頃の仕訳処理等・・・。
これをため込まずにシンプルにこなすこと!

ため込まずに出来るようにする! ただそれだけのことなのにたまってしまう常日頃・・・。
たまるといろいろなことが滞ってしまう・・。効率が悪くなる・・悪循環(;一_一)

と、簡単なことがなかなか習慣化しない私の取り組み姿勢に問題アリかなと??

なので、こんな初歩的なところから思いっきり改造しないといけないかと思っています。

問題を解決するにはいろいろなことを考察していかないといけないのですが、
なにしろ、よりシンプルに、よりスピーディーに出来るように行動改革していきます。

法人と個人で頭が混乱気味な一年目だったのですが、今年は頭の中を少しずつ整理して
日々スッキリと取り組んでいきたいです。スッキリ!スッキリ!したいです(^O^)/

ここに宣言すれば、多少なりとも自分に気合も入るぞ!!ということで、、、

「やらなきゃ・・・!!!」

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキングへ(←ここをクリック応援おねがいします。)

屋根工事完了

妻のつぶやき comments(0) - ガク
りのです

ここのところ毎日毎日暑いですっ。暑っ!

東京ビンテージアパートの屋根工事をお願いしている業者さんから完了の連絡が
ありました。

ということは、、ってことは、、近々またまた屋根に上って確認作業???

高いところは苦手な私ですが、なんだかんだと、とうとう、
アパートの屋根の上にまで上ってしまいました(^_^;)

何事も経験・・・か?!

私にとっては、まさか、まさかの経験ばかりです。

これもまた人生?・・・

ここ最近連日猛烈に暑いので屋根の上は一体どんな体感温度になっているのでしょうか??

考えただけでも恐ろしすぎて記憶が飛びそうです・・・。ふぅぅ〜。

いつも応援ありがとうございます
人気ブログランキングへ(←ここをクリック応援おねがいします。)

無料ブログ作成サービス JUGEM