ワークシフト

教科書 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

あけましておめでとうございます。。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

まだ、仕事は始動していません。。。。

年末は忙しく、一年の振り返りとかやる時間が取れませんでした。そのうちに。

 

さて、今日は、今日読んだ本の紹介です。

最近、著名政治家達がこぞってライフシフトという書籍を引用して、人生100年時代の戦略的な事を言っています。著者は、リンダグラットンという方。彼女の書籍に目を通しておくことは損はないと感じ、今日は、ワークシフト、未来企業という書籍に目を通しました。書かれている内容に目新しさは特に感じなかったのではありますが、自分が感じていることと直感的に一致する個所が多数ありましたので再確認的に自分の考えを見つめなおすことが出来ました。中でも、共感した部分について書いてみようと思います。

 

欲求のステイタスについて書かれます。

 

 最低ランク「食えること」

 次のランク「モテルこと」

 最高ランク「自分の才能を開花させること」

 

食えることは大切です。これは生物的な本能。モテルことは次の欲求。でもこれはレベルが相当低く他者との比較でしかない。この欲求に取りつかれている人はつまらない人間が多い。自分の才能を開花させることに注力している人は、自分の好きなことを追いかけている。そして、最高ランクの人達だけがまじありあい仕事をする姿が未来の仕事として描ける。自分の才能を開花させる為に生きている人は、その人たちどうしの信頼関係が強固で、より強力な仕事を成し遂げることができる。そんな中に、もし、モテルことに注力した人が入ってくると、そういう人たちは必然的に信頼を無くして消えていく。

 

連続スペシャリストについて書かれています。

ゼネラリストは広く浅い知識しか持たず、未来の社会では不必要。これは、インターネット等により情報の価値が低下していることからも明らか。したがって、未来にはスペシャリストの時代に舞い戻る。しかしながら、昔のような一つの分野に固執したスペシャリストではなく、連続的に分野を横断できるスペシャリストが必要とされる。

 

何が言いたいかというと、今の時代、情報やノウハウはすぐに取得できる恵まれた時代環境なので、これは自分にはできないとか、こんな面倒な仕事は嫌だ〜とか言って、一歩引いた場所から、ゼネラリストの様に偉そうに眺めようとしても無駄ということ。最短時間で深く入り込んで専門性を所得しないと時代から置いていかれるということ。

 

そして、そういった能力を獲得できた人が裕福になる。そして、獲得できない人が裕福で無くなる。以前は、アフリカの奥地に貧困層が固まっていたが、未来には、すべての国に貧困層の帯が出来る。貧困になる人は、上記能力を獲得できなかった人達。2極化が、つまりはジニ係数が大きくなる。

 

さらに、ミニ起業家とメガ企業についても書かれています。

私的には、未来にはマイクロカンパニーが従来のまま取り残された大企業を支配するような構図も多数出てくると思うので、今の大企業のステイタスは無価値になるのだと思う。

 

所有からシェアへという論説もあります。消費から経験という論説もあります。

まあ、沢山の論点がてんこ盛りに入り込んだ書籍です。いい意味でも悪い意味でも。。。。

 

とまあ、この本からはこんな感じのことが読み解けるのであります。

皆さんも読んでみてはいかがでしょうか。なにかの役に立つかもしれません。

では

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラデコの巨匠よしゆきさん

教科書 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

友人のよしゆきさんに面白いシェアハウスを見せていただきました。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

よしゆきさんといえばあの赤鬼荘で有名ですが、私、昔からよしゆきさんのインテリアセンスの凄さを知っているんです。

インテリアテイストって、

 

横軸方向に シンプル⇔デコ

縦軸方向に モダン⇔トラディショナル

って分けると、

 

シンプルモダン シンプルトラディショナル

モダンデコ トラディショナルデコ

 

と、4つの区分けに分類することが出来ます。

 

今の時代的に一般的の人には、シンプルモダン系のテイストがはやっていて、そんな構成でインテリアが組まれていることが多いのです。私も、シンプルモダン系は非常にシックリするテイストで、直感的にそんなインテリアテイストを組んでしまいます。

さて、よしゆきさんはというと、トラディショナルデコ!略してトラデコ、一般の人とは対極のセンスを持っいているんです。

 

玄関からそんなトラデコの雰囲気がビンビン感じます。

伝統系だけどデコレーション系の家具の存在感!そのテイストに負けないように、上部の配管類、レール類は黒にしています。

これはコントラストを高めて、家具の強さに負けないようにする、強い個性を対極に配置するという非常に高度な手法です。

 

この強いコントラストはすべての場所に貫かれています、白い壁と天井にレイティングレールは黒!

 

 

玄関前の壁には、なんと、斜めバリの板材!斜めにすることで、非常に強い個性を醸し出し、さらに、切り口もギザギザにして、非常に強いデコレーション的要素を構築しています。ほんとトラデコの天才です。

 

これはトイレの壁です。躯体の荒々しさをインテリアテイストに入れ込みここでも個性を強めています。

 

キッチンです。ここでも、木の天板と、黒の壁。強いコントラストです。

 

 

よく見ると、天板付近が普通でない。

 

下から覗くと、、、なんと!

 

アイアンで組み込んでいます。ここまで細工されたキッチンってみたことないです。

感心していると、よしゆきさん、これ友人でもある「鉄の職人」さんが作ったんですよ~って。

凄すぎます。

 

そういえばいたるところにアイアンワークの痕跡があります。

これは「くり抜きアイアン」!

 

このサッシ。。。ん~ なんか変だ。。。YKK? あれ、こんなの見たことない。。。

 

と思ったら、「小細工の入ったアイアンサッシ」

 

こんな素材も面白い所に使用していました。

 

ここまで来ると、構造補強の金具までオシャレに見えてくるんです。

 

これも美しい配置です。

 

ここも、化粧的な木材をルーバー状にして、そこにテープ式のLED照明を埋め込んで光と影の強いコントラストを見せています。

 

三角のサイズを2種類作り棚を構成。これは棚というより衣装的な効果を狙っています。

 

 

建物は全体的に強いコントラストを出すため「白」と「黒」を使用しているんですが、それだけだと冷たい印象になります、そこで、その冷たさを打ち消すために「木部の暖かさ」を使用しています。梁の木肌、造作の木肌、家具の木肌などなど。。。

そして、ここではさらに「緑」を入れ込んでいます。白と黒の冷たいコントラストに「緑」が入り込みことで、その場の雰囲気を暖かく調和してくれています。非常にうまい使い方です。

 

デコ系の照明

 

 

デコ系の照明の下にシンク。

 

金属配管

 

 

シンクの下が気になるのです。

 

排水管を黒で巻いていて美しい。

 

架橋ポリの繋ぎと配置まで、芸術的です。正直、個人的にはここが一番凄いと思いました。

でも、みんなに説明しても誰も、あまり共感してくれませんでした。多分、自分、配管オタクです。

 

さて、よしゆきさんがなぜそんなに凄いトラデコの巨匠であるのか?少しお話して分かってきました。

よしゆきさんはビンテージ系の家具とか大好きで、良く買っているんだそうです。

さらに、施工の際も一緒に入り、細かいところを話し合いながら仕事を進めているそうなんです。

やっぱり造りこみが好きなんですね~。

 

よしゆきさん、見学させていただきありがとうございました。

 

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

信頼を壊す起業家という名のエセブローカー

教科書 comments(3) - ガク

おおやがくです。

 

さて、最近思った事を独り言として。。。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

サラリーマンとして、仕事を責任を持って主体的にかつ楽しくやっている方がいる一方で、常に自分は虐げられていると感じ、やるにはやるが、恨みを持って仕事を行い、結局お金の為にしばれれていると感じている人もいます。前者の方が独立すると、非常に主体的に仕事を築きあげ、周りにドンドン仲間が増えてきて、信頼を勝ち取り、うまくいくものです。一方、後者の方が独立すると、外部のエセ成功者にすり寄り、仕事は築きますが、顧客からの信頼は得られず、失敗するものです。

 

さて、厄介なのが、このような負の感情をベースに独立した人。特に、不動産投資の世界で独立した人です。彼ら、彼女らは「お金に関する塾やセミナー」で集客し、不動産を斡旋します。「お金に関する塾やセミナー」で、先生と呼ばれ、多くの信者たちに洗脳を掛けます。そして、信者たちの不動産取引に隙入りお金を吸い取ります。正気に戻ってしまった信者には、恫喝したり、完全に無視したりします。そして、次から次へと、新たな信者の開拓に熱を注ぎます。結局、最後に自分の周りに残るのは本当にどうしようもない、自分の頭では考えられない信者達。

 

普通は、不動産を斡旋するのは不動産業の資格が必要ですが、こういった方は、不動産業の資格を取ろうとはしません。なぜなら資格の元、業を行うと、責任が発生するからです。彼ら、彼女らには責任とか、信頼という概念は無いのです。そして、集客した顧客と不動産業者とを橋渡しする名目で隙間に入り込み、不動産業者と顧客の取引からお金を吸い取ります。これは、まさにブローカー的行為なのですが、通常のブローカーとは違い、非常に表面的にしか関わりません。ブローカーと言えば、情報を水面下でキャッチして、時間を掛けて交渉し、何とかして売り物に仕上げて取引に入りこむというイメージなのですが、こういうエセブローカー達は、そんな努力をしません。本気でやるなら不動産業者になればいいのに、それをしないで、目先の自分のお金のことしか考えていない。もちろん彼ら、彼女らに、信頼や責任という概念は無いから。不動産は大きなお金が動くので、詐欺師たちの餌食になりやすいのです。こういった方が不動産業界に増えてくると、業界の信頼度が崩れます。何とかしたいものです。

 

【起業家が詐欺師にならない為の3箇条】

・起業家たるもの得意な事で専門家になれ!と言われます。

⇒ その分野の業界人から認められればあなたは専門家ですが、あなたが自分は専門家と言ったところで専門家ではない事に気が付け!

・起業家たるもの集客が大切!と言われます。

⇒本当に頭の良い顧客を得られればあなたは成功するが、頭の悪い顧客に囲まれていたなら、あなたも頭が悪いということ!

・起業家たるもの大きなお金の動く分野に気づけ!と言われます。

⇒大きなお金が動く分野は責任と信頼が大切。取引が終わったらもう責任を追いたくないというようなやり方はダメ!

 

・・・まだあるかな?

他に思いついた人はコメント下さ〜い。皆さんの気づきはブログに後追いUPします。

 

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

 

ただアパートを買うことが投資ではない理由

教科書 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日はとある物件の電線張りをしていました。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

室内にある配電盤から新規に配線を張るのですが、電線を配電盤から一旦室外に出して、外壁沿いに引き回していきました。

なんと、その長さ40m!!!!

今までの最上記録です。

こんな感じで固定していきました。一日かかりました。

 

さて、この行為は何なのだろう。。。

 

私はこの行為が「投資」ということなのだと思うのです。

 

普通にアパートを買って、ただ回していくというのは、ただ、事業を買って事業を始めたということ。

 

そもそも、「投資」というのは将来の成長に期待する行為だと思うのです。

 

将来の成長に期待するために行う行為というのは、いろいろな行為があると思うのですが、、、、

 

私が好きなのは、個人的に、ほんと個人的に、、、誰も理解してもらえなくても、超個人的に、潜在的価値が高いと思われる物件に対して、その潜在価値が一般には評価されていない状態で購入する。そして、潜在価値が高いことを証明するために、活動を行う行為。

 

それが、今日は電線張りという行為だったのでした。。。。

ということで、電線を張る行為は、業者と私とで同じですが、見ている世界が違うのです。

 

では。

 

ブログランキングの応援クリックをお願いします。→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

梁めり込み天井!

教科書 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は友人の物件見学へ行きました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

ただ、東京ビンテージアパートの近くなので少しだけ作業してから行きました。

壁の納め方をどうするか悩みつつ方針を決めて施工を少しだげしました。

 

その後、10年来の友人の物件へ向かいました。場所はこれぞ東京と言う感じのいい場所です。

どこへ行くにも便利です。

 

典型的な東京築古戸建て物件を2気筒へ改修しています。

外観のデザインで核になるのは、ウッドの「自然色」と着飾らない「白」。

配色バランスは天才的です。6:4くらいで自然色を入れ込んで、黒いベランダフレームや黒の照明をアクセントカラーにしてデザインを抑え込んでいます。

 

室内の要素で気になるのがこれ。なんだかモニターフォンが飛び出ていて面白い~

こういうの好きです。

 

この電気配管も上に照明を入れこんで、まるで「電気配管」を照らしている!どうだ!と感じるのは電気オタクな私だけ???

 

シースルーナ階段フレームも薄いものを使い、開放的な空間の繋がりで統合されています。

 

キッチンはカウンター収納付きで存在感をUPさせている。

 

完全にだまされたタイルのようでタイルで無い。。。

 

浴室もタイルのようでタイルでない。おしゃれな床!

 

一番の見どころはこちら!

 

拡大!

昔の天井面の上にある角材梁の上端を天井面に据え、丸太張りが半分露出しているのです。

丸太張りを全見せするのは良く見ますが、半分だけ見せているのは初めて見ました。!

チョット感動モノです。梁がめり込んでいる感覚を受けます。「梁めり込み天井」と命名します。

これは面白いです。

 

ということで、ほんと楽しい物件でした。

その後、いろいろな施工上のダメ出し?チェックをしながら雑談しました。

見学させていただきどうもありがとうございました。また来年新しい物件の際は呼んで下さいね。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

登録電気工事業者として登録!

教科書 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は法人税を沢山納めてきました。車が買える~

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

さて、今月初めから頑張ってきた成果が得られました。

ジャーン!なんと、電気工事業者になりました。

 

電気工事業者になったということは、、、もうDIYとか言える立場では無くなったということ。。なぜなら業者だから。。。。

そう、プロになったということなんです。DIY関連のみなさん、さようなら~    てな気分であります。

 

さて、電気工事業をとりましたので、お金を貰って電気工事が出来ます。

しかしながら、積極的に人の物件の電気工事をやるつもりはありません。せっかく、資産系の業種から降りて来たのですから、街場の業者さんがやっているようなことはやりたくはありません。何か、面白い事に使っていきたいと思っています。

 

やりたいことは、幾つかあるのですが、その中の一つは、アメリカの入札案件。。。いつかはやりたいな~と思っています。英語でアメリカの高官をビシバシと攻めたいです。工事は下請けに出して、自分は監督と交渉をやるんです。でも、よくよく考えると、せっかく工事出来る立場になったのに、免許を使ってやりたいのは、工事ではないということ。

 

なんか、不思議。

 

では。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

第1種電気工事士免状取得

教科書 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

遂に念願の夢が叶いました!

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

2010年に第一種電気工事士試験に合格していました。

その後、それまでの電気工事経験を実務経験として申請したのですが、一旦差し戻されました。

 

実は、実務経験の証明書欄には、電気事業者の登録番号が必要になるのです。つまり、正式な電気工事屋さんからの証明が必要になるのです。通常、必ずこの番号が必要になりますが、私は、自身の物件工事を実績として申請したので、この電気事業者の登録番号無しに我が法人名のみ記載して申請したのです。

 

法律上は、自分の物件の電気工事をやる際には、第二種電気工事の免状があればよいので、自由にできます。

人の物件を電気工事してお金をもらおうとすると、電気事業者の登録番号が必要になるのです。

で、実務経験は、この区分けは関係なしに、ただ、電気工事の実務経験が5年あればよいことになっています。

 

役所としては、電気工事の実務経験を証明する際に、まあ、電気事業者で働いていれば間違いはないので、そんな形になっています。さらに、第一種電気工事士を取りたい人は、まあ電気屋さんなので特に問題は無いのですが。。。

 

さて、以前差し戻された時にこのへんのお話をして調整したのですが、結局は、法人設立後の実績は認めてあげますってことになったのでした。

 

2010年に第一種電気工事士試験に合格し、

2012年に法人設立

2017年に設立5周年

ということで、遂に5年の実務経験を満たす形になり、今回再度申請しました。

 

ところが、役所としては

「何か実務経験を証明するものは無いか?図面とか、申請書とか、、、」

と言い出しました。

「写真だったらある」ということを伝えると、

「それらをまとめて補足資料として出してほしい」ということに。

速攻、ブログを見返して、電気工事関連の写真と物件名と工事期間を抜き出し、100枚程度の資料を提出。

そして、念願のOKサインが出て遂にゲットしました。

 

さて、次は速攻、我が法人を電気事業者に格上げさせる予定です。

もし、電気工事を頼みたかったら私に頼むこともできる様になります。

 

ちなみに、電気関係で取得している免状をまとめると

 第二種電気工事士

 第一種電気工事士

 第三種電気技術主任者

となり、電気関係は制覇しました。それ以外にも

 DIYアドバイザー

 壁施工技術士補

 床施工技術士補

 ガス可とう管工事士

となり一人職人っぽい感じです。

実は、それ以外に

 電気電子工学で学士号

 電気工学で修士号

も持っています。

今後は、チューブアンプクリエイターへの道を目指します。ESPへ行かないと。。。

 

話はそれましたが、

今回いろいろと動いて分かったのですが、実務経験を自身の物件からの工事実績として出す際に注意すること。まあ、今回の反省点なども書いておくと。

■電気工事の写真とか図面はストックしておくこと

■東電に申請するような書類もなるべく出すようにしてストックしておくこと

■今回、個人事業分は実績として認めてもらえなかったのですが、それはおかしいと思う。

 戦略として、個人事業でも「事業的規模」を満たした後からは認めてもらう方向で調整できたかもしれないと思う。これは今回の反省点

■粘り強く交渉すること

■面倒をいとわないこと

■お手軽に免許だけ欲しければ、電気事業者登録している業者に証明欄を書いてもらう

 

まあ、普通は、最後の方法で申請するのですが、今回、私は、法律上いけると思ったので、正論を押し通してみたのでした。

多分、「日本初」の試みです。

では。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無線LANの中継器による強化

教科書 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

異次元物件の、無線LANを強化します。

物件があまりに大きいので無線LANが届かないのです。

今回、中継器を導入して、物件の隅々まで電波が行き届くようにする計画です。

中継の方式も種々ありますが、多段接続、並列接続が出来るようにしたいので、デュアルバンド中継が出来る機種を選定しました。このへんの技術はものすごいスピードで進化しています。昔は出来ないと言われた事がドンドン普通に出来るようになってきます。技術進化が速いので、定期的にウオッチして勉強し、さらに、実機で試してみることが大切です。

 

興味ある方はこちらを

NEC

Buffalo

 

では。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

第一種電気工事士の実務経験実績

教科書 comments(2) - ガク

おおやがくです。

 

昨日、神奈川県の役所の方から電話がありました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

先日提出した第一種電気工事士の免状申請の件。実務上の免状発行は電気工事工業組合が行うのですが、私のはイレギュラーな方法でしたので、発行権者の神奈川県に話が持ちあがりました。

 

何がイレギュラーかと言うと、、、

 

そもそも、第1種電気工事士の取得には、いくつかの取得方法があるのですが、一般的には、試験に合格して、さらに、実務経験が5年以上という2点を満たして申請する方法が一般的です。私は、既に試験は合格しているので、実務経験5年を無たす必要があったのです。普通の人は、実務経験5年という要件は、職場が電気工事業の登録をしているので、ただ、そこに書いてもらえば良いのです。ただ、その際、職場の電気事業者の登録番号を記載することになり、また、これが必須なわけです。普通、この電気事業者の登録番号が無いと実績認定しないのですが、今回の私の申請は、これが無いのです。私は、不動産再生賃貸業を自身でやってきて、自身の物件だけで電気工事をしているので、電気工事業の登録は要らない状態でしたが、これを私の実務経験の実績として申請しようとしているのです。まあ、こんな経歴で免状を取得しようとする方は日本中探してもいないとは思うのですが。。。この方法は、今まで神奈川県では実績の無い初の申請方法だったみたいです。実は4年くらい前に、個人事業からの実績ベースで申請して、神奈川県とやりとりしたのですが、結局、個人事業は認めないが、法人設立以降を実績として認めると言うことを言われ、(まあ、それもどうかと思うのですが、、、)4年間待っていたのです。晴れて、法人設立5周年を迎えたので今回申請したと言う経緯があります。そして、今回再度免状の申請をしたのでした。

 

昨日、神奈川県から電話があり、

「基本的には、実務経験として認める方向ではいるのですが、なにか5年間の実務経験を確認できるようなうな、工事実績が分かる資料はないでしょうか?」

と言われ、話し合いの末、「工事期間、現場名、工事内容、写真や図面」を5年分提出することになったのです。

 

さて、ここで、ほんと、今までブログ書いてて良かった〜と思ったのです。

工事の写真はブログにほぼUPしているので、そこから抽出すれば、5年と言わず、10年以上抽出することが出来ます。

 

そして、本日朝から取りまとめ、パワーポイントで数十ページにも及ぶ膨大な工事実績の資料を作り上げ、神奈川県に提出したのでした。するとすぐに電話が掛かってきて、

「どうもありがとうございました。あきらかに工事をやっている事が分かる資料でしたので、問題ありません。免状は電気工事工業組合が作成するので、実績が確認できたと返事をしておきますので、今後何かありましたら連絡下さい。」

との返事を受け取りました。

 

これで、関門は通過しました。遂に、念願の免状が手に入ります!

免状を受け取ったら、電気工事業の登録に入ります!

登録したら、晴れて、「大家業」から、「電気工事業(兼大家業)」に格上げ出来ます!

実は、「大家業」って肩身が狭くって、一般ピーポーからは、金持ちの道楽っぽく思われる「業」なのに対して、

電気工事業は、真面目な理系なクールな技術者っぽく思われる「業」なので嬉しいのです。

まあ、普通は全てが逆なんですがね〜

(普通は電気工事業やりながら資本をためて大家業をやる流れ。。。)

 

自分の頭の中の感覚では、偉い順に

 

大工さん > 建設業 > 電気工事業 > 水道ガス工事業 > 内装業 > 大家業 > 不動産業 >不動産コンサルタント業

 

という図式です。

 

では。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

多分、日本初?の第1種電気工事士申請方法

教科書 comments(4) - ガク

おおやがくです。

 

今日は、第1種電気工事士の免状取得のための申請をしてきました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

第1種電気工事士は高圧を扱えるという位置づけなのですが、それ以外にも重要な点があるのです。

実は、電気工事業を営む際には、第1種電気工事士免状取得者がいないといけないのです。第1種電気工事士の方を雇うか、もしくは自身が持っていないといけないのです。ということで、経営者と言う観点で電気工事業を行うには、第1種電気工事士が必要ということなのです。

 

さて、この第1種電気工事士の取得には、いくつかの取得方法があるのですが、一般的には、試験に合格して、さらに、実務経験が5年以上という2点を満たして申請する方法が一般的です。

 

私、だいぶ前に試験は合格しているので、実務経験5年を無たす必要があるのです。

普通の人は、実務経験5年の要件は、職場が電気工事業の登録をしているので、ただ、そこに書いてもらえば良いのです。

ただ、その際、職場の電気事業者の登録番号を記載することになり、また、これが必須なわけです。

 

普通、電気事業者の登録番号が無いといけないのですが、今回の私の申請は、これが無いのです。

 

不動産再生賃貸業を自身でやってきて、自身の物件だけで電気工事をしているので、電気工事業の登録は要らない状態でしたが、これを私の実務経験の実績として申請しているのです。

 

これって、今まで神奈川県では無い、初の申請だったみたいで、つまりは、すっごくイレギュラーな方法なのです。たぶん日本全体でも前例のほとんどない、たぶん日本初?となる申請方法なのです。

 

以前、神奈川の本部まで話を揉んでもらって、ほぼほぼOKサインを頂いているので、いけると思います。

 

日本初?なので楽しみです。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM