レリック加工された部屋

教科書 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

先日、友人が面白い物件を造ったとのことで見せてもらいました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

ギターの話ですいません。Fenderという大好きなギターブランドがあるんですが、その中のシリーズでレリック加工(←Fenderの登録商標)が施されたギターがあります。昔、ジミヘンがギターに火を注ぎ、リッチーブラックモアがタバコを挟んでネックヘッドを焦がしたり、そんな感じで、あえて、使い込んでいる感を出す。。。というか、それほど使い込んでダメージを負ったギターに、なぜかロックの生命の息吹を感じるのです。そんな、ダメージを負ったギターをあえて新品にも加えているのがレリック加工されたギターなのです。

 

まさに、そんな部屋を造りこんでいました。ただのエイジング加工とは異なり、レリックされた部屋には「艶」があるのです。
こればかりは、実際に実物を見てみないと感じることができない「艶」なのです。

 

今回は、そんなお部屋を写真で紹介します。、

 

入り口の壁に設置されたレリックされたブレーカーボックスです。

 

3点ユニットの壁

 

Rustしたドアノブ

 

ドアの枠までレリックされています。

 

美しいドアノブ

 

こんなドアノブの金物までもが美しい艶を放ちます。

奥にうっすら写っている方が、このレリック加工を施した方です。天才奇才です。

 

錆びたドアノブ

 

モニター開錠フォンも周りが薄汚れています。

 

壁には何層にも改造が施されています。

 

黒く塗られたエアコン

 

凹凸と色彩変化のある壁のテクスチャー

 

錆びたカーテンレール

 

錆びた丁番

 

ほんと見とれてしまう。。。

 

鉄の錆びたフェイクプレート

 

ここまで細かいエイジド加工。巾木までもが削られたり外れたりしたエイジド感を出している。

 

さてさて、思わず細かい要素要素に見とれてしまうのですが、ここからは部屋全体の様子を紹介します。

 

玄関を入ると右手に黒いキッチン、左手に3点ユニットバス。

 

3点ユニットバスは、ステンシルで文字が描かれ、潜水艦の中のような雰囲気を感じます。

 

そして居室は、まさにレリック空間となっています。

 

 

 

 

 

空間にある艶を感じるレリックされたお部屋でした。

 

施工テクニックとか材料など、たくさん教えてもらいました。

いつか挑戦してみようと思いますが、普通の職人さんがやる施工方法とは全く異なる異次元の施工方法でした。

一度弟子入りしないと無理かも。。。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

壁にパテ処理

帝都戸建て comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日もテイコちゃんへ行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

漆喰がまだ来ないので、一階の壁の補修を行いました。

今日はひたすらパテ処理して一日を終えました。

写真も撮らず。。。。

 

では

やっぱり白い漆喰

帝都戸建て comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日もテイコちゃんへ行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

昨日塗った黄色い漆喰ですが、やはり、黄色すぎました。

これだとやばいってことで、ベージュ色の漆喰があったので上塗りしてみました。

すると、灰色っぽいです。。。。

 

他の物件で余った漆喰で塗ってみたんですがダメでした。

やっぱり、築古の真壁には白い漆喰が無難って結論になりました。

ということで、ここの漆喰を追加購入です。

 

 

階段ホールの漆喰塗りの為の準備として、シーラーを塗布しました。

掃除して、養生してからローラーで塗りました。

 

作業は明日に続く。。。。

 

 

 

 

 

ステンレスメッシュホースとスズランノズル

Property Management comments(4) - ガク

おおやがくです。

 

今日は川崎市T区RCへ行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

一か月前くらいだったか、浄化槽の清掃をお願いしたときに立ち会って状態を見ていたんですが、浄化槽の出口から油が浄化槽内に逆流していました。浄化槽で出口で生活排水と合流しているのですが、生活排水ラインから浄化槽に戻ってきている感じでした。

どうやら、浄化槽出口から先のラインで若干の詰まりが発生しているらしく、川崎の環境局の方に太いホースを突っ込みつつ、できる限り吸い取ってもらって耐えていましたが、突っ込めないラインもあったりしたので、どこかで高圧洗浄をしなければやばそうな雰囲気でした。

 

パイプクリーニングホースは以前から使っていましたが、黒いウレタンホースのパイプクリーニングホースって固くて通りが非常に悪いのです。

 

以前、業者が使っているのを見ると、動きの差が大きいことに驚いたのです。

 

そこで、新兵器として、業務用のパイプクリーニングホースを調達していました。

このホース、素晴らしく、家庭用の高圧洗浄にも取り付けられるように各種ラインナップが揃っています。

 

私は、ケルヒャーのK5を持っているので、ケルヒャーKシリーズ用のホースを購入しました。

 

さて、取り付けて管に入れてみます。

 

今までの苦労が何だったのか?黒いホースでは押し込んだり引っ込めたりかなりの力が必要でしたが、こいつはするすると入っていきます。手で釣りをしているかの如く、指先でコンコンと探りを入れると、簡単に障壁を突破してくれます。

 

いや~こんなに違うものですね。

 

最初、相当の覚悟をして挑みましたが、あっという間に配管洗浄は完了しました。

 

ということで、

 

「高圧洗浄を持っていて、配管洗浄ホースを持っているあなた!」

 

これはBEST BUYです。

 

ちなみに、ほとんどこれと同一のものです。スズランノズルと柔らかいステンレスホースの威力を見てください。

やったことある人だけが感動する動き!これに感動できるあなたは、優秀な変態です。

 

ただ、作業自体は決して綺麗なものではないので、優良な不動産投資家の皆さんは業者さんを呼んでお金で解決してください。

こういうメカや工具とかが好きでないとやってられない作業です。

 

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

砂壁に漆喰

帝都戸建て comments(2) - ガク

おおやがくです。

 

今日は日曜日ですが、放置気味だった帝都の戸建てへ行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

しばらく考えて作業を思い出しました。

漆喰を塗るために下地としてシーラー処理まで完了させていました。

漆喰を塗る前にまずパテで部分補修をしました。

 

元はガス暖房の穴だった場所をコンセントにしました。周囲をパテで埋めていきます。

 

こんな感じの部分補修が終わったらいよいよ漆喰です。

黄色いです。

 

前に使ったあまりがあるのですが、さてこの色、和室の真壁にはどうなんでしょうか?。。。。。

 

 

まず、天井付近のボードで塞いだ壁に塗ってみます。

 

どんどん塗ります。

 

この勢いで行ってしまいます。

 

ん〜やっぱり黄色いです。失敗?

失敗したら素直に失敗を認めて、リカバーすれば良いんです。

乾いた後、色が変だったら白くしますが、たぶん乾いたら良い感じになると期待。

 

実はこの漆喰、前に使ったのがDIYシェアハウス(←久しぶりに見るとイイ感じでした。。DIYシェアハウス、実現していれば面白かったのに実現しなかったのが残念。)ですが、その時も乾いたらいい感じになったのです。

さて、どうなるかな〜

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

ひたすら会計処理の耐久レース

会計 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

昨日、今日と会計処理をひたすらしていました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

年末前に慌ただしくなるのも何なので、この時期に今までの会計をまとめておくことに損はないと思います。

さて、年末に向けてまた「ふるさと納税」で悩むことになります。

 

ほんと、この制度無くなってくれないかな~

ほとんどの国民は、「やらないと損」としか思っていない状態ですよ~

故郷を応援する的な気持ちは、ほんと少ししかないという状態ですよ~

なんでわからないのか政治家達は。

 

どうせなら、伝統工芸品とかに絞ってやれば応援する趣旨になるのに。。。。。

私なんて、昨年は伝統工芸品の「棕櫚のほうき」を数万円で購入したんですよ~

ホームセンターで量産品を買えば千円ちょっとで買えるのにですよ。

 

「ふるさと納税」をそんな形にしてもらえないかな~

 

という個人的なつぶやきは置いておいて、とりあえず会計入力をひたすら行いました。

決算的には、昨年と大きく変化なし?(あ、保険関係の違いがあるかも。。)だと思うのですがまだ分析できていません。

後日分析していこうと思います。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

退去後のクリーニング

Property Management comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

昨日、川崎市T区RCの一部屋が退去となりました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

ここしばらく、完全満室状態でウハウハでした。台風も重なりさらにウハウハでした。

良いことは長くは続かないのが人生。やるべきことに集中です。

ということで、本日、早速クリーニングして内見の準備をしました。

洗剤類を持ち込んでクリーニングしました。水周りの清掃に時間がかかりました。

 

 

そして、一日中取り組んで、そこそこ見える感じになりました。

 

こちらは和室。

 

2014年10月ごろに内装は新品にしたので、まだまだ綺麗です。

さて、早速今週末からお客さんをひけるように営業活動をしていきます。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

カリモクのこたつ座卓

異次元物件 comments(4) - ガク

おおやがくです。

 

今日は倉庫の整理です。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

だいぶ前なんですが、近所の最強なリサイクルショップ、「爆〇屋」というのがあるんですが、そこで座卓を何台か買いました。

倉庫に積み上げていたので、整理しようと思い、状態を見つつ、あ〜これはダメだ捨て!って感じで選別していましたが、その中に一つ、お!これはお買い得じゃね〜って座卓を見つけました。

 

これです!なんとカリモクの座卓でした。

 

しかも、この座卓、こたつが組み込まれています。

 

天板を外してくるっと回すとヒーターが出てきます。

しかも、ファンのあるヒーター!です。

そして、しかーも、このこたつヒーター部は一度も使用していない、新品のまま梱包された状態でした。

 

カリモクで、こたつ組み込み座卓、、、、、きっと新品価格だと20万円はするんじゃないでしょうか。

さて、いくらで買ったでしょうか?

 

そこは、最強なリサイクルショップ、「爆〇屋」です。

 

正解は、

 

ゼロ円!

 

衝撃の証拠写真↓

ちなみに、ゼロ円のは全部購入しました。。。。。。。。。。。。

 

実は半年くらい前にも座卓を買ったんですが、その時は高かった。

 

総紫檀の座卓で、新品なら100万円はするであろう座卓です。

 

細工もバリバリ入っています。

 

その座卓は、なんと

 

100円!

 

衝撃の証拠写真↓

 

。。。。。ジュースより安い。

 

恐るべし最強のリサイクルショップ「爆〇屋」です。

 

 

そういえば、昔、瓦の神様も何か大量に購入してたな〜

遠いのにわざわざトラックで買っていったな〜

さすが、お金の匂いを感じとる神様です。

 

僕はそんな「爆〇屋」が大好きです!

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

 

 

ワンインチローラー

Kawasaki New RC comments(2) - ガク

おおやがくです。

 

今日も崎市S区RCへ行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

昨日のペンキ塗りの続きです。本日は2度塗り目です。

昨日は刷毛で塗ったので刷毛ムラガ出来てしまいました。

ということで、本日はローラーで攻めてきました。

と、その前に道具屋さんへ行って新たなローラーを調達してきました。

 

超、小さいローラーです。

長さ1インチと2インチのローラーです。なんだか可愛いです。

 

このミニローラーのおかげで、こんな感じの入り組んだ部分もすべてローラーで塗ることができました。

 

 

 

 

サビキラーPRO

Kawasaki New RC comments(2) - ガク

おおやがくです。

 

今日は崎市S区RCへ行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

ポストが設置されているフレーム鉄部の錆がひどくて見栄えが悪いので塗装をします。

このフレームはゴツイ「H鋼」で組んでいるので肉厚感があって丈夫です。多少の錆は全然問題ないのですがまあ見栄え的に問題なので塗装をすることにしました。これからは錆びる前に塗り重ねていきたいです。

 

サビキラーPROという錆転換剤を購入したのでこいつを使うのですが、少し問題が。。。。

 

 

どうやら、このサビキラーはあまり評判が良くない。各メーカーの錆転換剤をテストしたデータがネット上にあるのですが、一番錆の再発がしやすい。また、他のブログでも錆の再発リスクが高いらしい。

 

ということで、宣伝文句には、ケレン無しで塗と書かれていますが、徹底的にケレンしてから塗りました。

 

 

塗っていて分かったのですが、サビキラーは粘性が高いです。ですので、1:1で水で薄めてから最初に塗ったほうが良さそうでした。ただ、今回は原液のまま塗りました。

 

テロソンの「必殺封じ」という錆転換剤も持っているのですがこちらは凄くサラサラで浸透力が良いのでその辺の違いがあるのかもしれません。

 

後日、二度塗りして来ます。

 

では。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

無料ブログ作成サービス JUGEM