ゴミストッカーのダンパー交換

Kawasaki New RC comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日から、少しずつ仕事始動します。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

今日は、ちょっとした工事をしました。

川崎S区RCのゴミストッカーのダンパーが固定されず、扉を保持してくれません。

四国化成のゴミストッカーなんですが、最初、四国化成からダンパーを直接取ろうと思ったんですが、どうやら四国化成は顧客には顔が向いていないようで、施工会社経由で直してくださいの一点張り。。。

 

わたし、リフォームも行う業者なんですが。。。。と言ってもダメでした。

 

結局、自力では部品が取れませんでした。

 

しょうがないので、掛けで取引している某物流業者に見積もり依頼するとすんなりと出てきました。しかも掛け率はかなり。。。。

ということで、四国化成にはCSという概念が無いようですがいま動いている取引先は大切にしている感じです。

これが物流業者から掛けで購入して手に入れた新品ダンパーです。

奥が前のダンパーで、手前が新品のダンパー。

 

さて、なんで壊れたか?は不明なんですが、経年劣化?とも、事故?とも思われます。

まあ、いろいろと可能性があるとは思いますが、今回は、ピストンの部分に何かが衝突して壊れたんですってことに。。。

 

さて、交換は超簡単、ボルト二本で固定されているだけです。

 

交換しました。新型は、衝突防止のカバーが付いています。やっぱり衝突でオイルが抜けたんだな。。きっと

 

その後、某アパートメーカーのショールームを見学しに行ったんですが、なんか気になるのがこの取り付け向き。

やっぱり反対の方が良いかなって感じに思い、再度舞い戻りまた取り付けなおし。

やっぱりこちらの方がしっくりくる。

 

さて、その後は別物件の空室を確認。

あ!やられた!東京電力〜

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

ロフト?作り「面積」ではなく「容積」を広げる

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は、午後から東京ビンテージアパートへ行きました。

お盆休み初日で午前中は道路が激混みでしたが、午後の東京は人がいない。。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

さて、今日はロフトを作りました。

ロフトと言っても敷き詰めるのはこれ。

ラワン構造合板です。

 

これを、トイレ、押入れ、浴室の上のスペースに敷きます。

 

まあ、こんな感じの狭ーいスペースに敷き詰めるので、用途的にはちょっとした物置みたいな感じではあるのですが、、、

 

物置としてのスぺースという考え方ではなく、今回、施工しているのは「m2」→「m3」という考え方です。

狭いお部屋なので、部屋を広げる方向としては「面積」ではなく「容積」を広げるという戦略です。

容積を広げるだけで、生活の質感が大きく変化します。

居室は玄関、水周りと居室が別れていますが、ロフトスペースは一部屋でつながっている構成となりました。

それにより、目線の抜け感が半端なく広がりました。

今回の施工で、およそ容積は1.5倍程度になります。そして、賃料は1.2倍程度に上げる予定です。

こういったアイディアをDIYで実行する事により、壁、天井の納めに関する難しさやノウハウが蓄積できます。

経験値が上がるので、業者に任せるのは何とももったいないです。

 

皆もDIYで是非!

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

壁の見切り

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は、銀行で資金移動したりしてから、東京ビンテージアパートへ行きました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

今日は暑かったですね~ 現場へ歩く途中も日差しが強くって、きっと部屋の中は灼熱地獄だろうと思っていたのですが、

あれ?そんなに暑くない。。。

思いのほか野地板の下に施工した断熱材が効いていることが分かりました。

少しでも断熱材施工するとこんなにも違うのですね~

 

 

さて、今日は壁の見切りです。

天井を抜いたので、梁が出ていますが、壁をどこまで立ち上げてクロスを貼るか?その辺を綺麗に収めていかないといけません。

 

既存の石膏ボードは梁のちょい下までしかありません。そのため、下地の木を打ち付けてから、、、

 

細長く切ったボードを留めていきます。

ここにクロス屋にクロス施工してもらうんですが、コーナーの見切り材を入れて、パテ入れしてから、クロスを貼る。

クロスカットは、上部巻き込みで、厚ベラで梁面で抑えてからカットしてもらうように指示しようと思います。

まあ、ほとんどの皆さんは何を言っているのか分からないと思いますが、上記のようにすると見えないところの収まりもばっちりになるんです。

 

部屋の中を同じ感じに、細いボードを留めていきました。

 

この面にキッチンが来るのですが、換気扇と、IHコンセントと、給湯器リモコンの配線を通していませんでした。

場所を正確に決めました。

 

どうやら換気扇の下端はキッチンの高さから80cm程度が良いらしく、今回のキッチンは87cmなので167cmの高さにしてちょうど良い場所にコンセントなどを設置しました。

 

その他、いろいりと開口部を塞いで本日の業務は終了です。

では。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

梁めり込み天井!

教科書 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は友人の物件見学へ行きました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

ただ、東京ビンテージアパートの近くなので少しだけ作業してから行きました。

壁の納め方をどうするか悩みつつ方針を決めて施工を少しだげしました。

 

その後、10年来の友人の物件へ向かいました。場所はこれぞ東京と言う感じのいい場所です。

どこへ行くにも便利です。

 

典型的な東京築古戸建て物件を2気筒へ改修しています。

外観のデザインで核になるのは、ウッドの「自然色」と着飾らない「白」。

配色バランスは天才的です。6:4くらいで自然色を入れ込んで、黒いベランダフレームや黒の照明をアクセントカラーにしてデザインを抑え込んでいます。

 

室内の要素で気になるのがこれ。なんだかモニターフォンが飛び出ていて面白い~

こういうの好きです。

 

この電気配管も上に照明を入れこんで、まるで「電気配管」を照らしている!どうだ!と感じるのは電気オタクな私だけ???

 

シースルーナ階段フレームも薄いものを使い、開放的な空間の繋がりで統合されています。

 

キッチンはカウンター収納付きで存在感をUPさせている。

 

完全にだまされたタイルのようでタイルで無い。。。

 

浴室もタイルのようでタイルでない。おしゃれな床!

 

一番の見どころはこちら!

 

拡大!

昔の天井面の上にある角材梁の上端を天井面に据え、丸太張りが半分露出しているのです。

丸太張りを全見せするのは良く見ますが、半分だけ見せているのは初めて見ました。!

チョット感動モノです。梁がめり込んでいる感覚を受けます。「梁めり込み天井」と命名します。

これは面白いです。

 

ということで、ほんと楽しい物件でした。

その後、いろいろな施工上のダメ出し?チェックをしながら雑談しました。

見学させていただきどうもありがとうございました。また来年新しい物件の際は呼んで下さいね。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

天井から壁貼りへ移行

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

昨日に引き続き東京ビンテージアパートへ行きました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

天井の続きです。

 

野地板を貼ります。

 

これで、天井は完成!

 

次に壁に移ります。梁上の壁を攻めていきます。

 

スタイロが余ったのではめ込んでから野地板で塞いでいきました。

 

 

 

 

こっち面は完成です。

 

ロフト奥はもぐりこむようにして貼り付けました。

 

こいつは完成させて、反対側の一面も完成させました。

まだまだ続きますが、本日はここまで。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

天井貼りのつづき

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

昨日に引き続き東京ビンテージアパートへ行きました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

残りを攻めていきます。

 

 

 

ほぼほぼ貼りました。

 

梁にコンパネを貼ってロフト作りました。

 

まだまだ、先は長し。。。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

ノジスタサンドイッチ工法

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は東京ビンテージアパートへ行きました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

先日調達したMAXのフィニッシュネイラーを持参しました。

早速挑戦です。

念のためボンドを入れて留めてみました。意外ときっちりと留まります。

 

どんどん留めていきます。

 

野地板はサイズがラフなので、継ぎ目を揃えて施工しました。

 

梁の部分は特殊加工です。

 

綺麗に収まります。

 

今日はここまで来ました。

 

野地板・スタイロ。野地板のサンドイッチ、名付けてノジスタサンドイッチ工法です。

 

では。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

MAXマックスの充電工具ゲット!マキタとの違い雑感

DIY Tips comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は溜まった事務処理をしていました。保険とか領収書とかいろいろ溜まりまくりで大変。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

さて、そんな中先日発注した新兵器が到着しました。

MAXです。マックス株式会社って知っています?そう、ホチキスとかで有名なあの会社なんです。

 

Air工具(コンプレッサーとかにつなげるピストルのような工具)の世界では非常に有名な第一線を行くメーカーなんですが、私はAir工具は使わないので、今回、充電式の釘打ちのような機械を物色して最終的にMAXに行きつきました。打ちこみ機って圧倒的に施工がらくですよね~材料に当てこんで引き金を引くだけで、カートリッジから釘とかが打ちこめますから。。。

 

今回、出来るだけ釘頭の見えない保持力の高い内装用の充電式の打ちこみ機械を探していたのですが、どうやら、ピンネイルとフィニッシュネイルという2種類の釘?(ネイルという)があり、そのネイルに対する専用機しか構成が無い事がわかりました。ですので、まずは、ピンネイルにするか、フィニッシュネイルにするかを選ばないといけません。

 

ピンネイルは頭の無いピンで、保持力は無い為、巾木とかに使いますが、ボンド併用で使用します。ただ、仮止め的に使うとその後にビスをもんでもずれないので、そういった使い方もかなりいい感じです。

 

一方、フィニッシュネイルはピンネイルよりは太いのですが、頭があるタイプの打ちこみ釘で、仕上げ釘とも言われています。もちろん、通常のビスとか釘に比べると圧倒的に頭のサイズが小さいので、ちょい深目に打ちこむと良い感じでごまかせるものです。もちろん保持力はビスに比べると弱いので、うまく使う必要がありますが。。。。

 

また、この二つ、材質が違うらしく、ピンネイルは超硬い物質で出来ていて、打ちこむ部分のハンマーの劣化が早いんだそうです。フィニッシュをそれほど劣化は早くない。また、フィニッシュネイルは太さがピンネイルよりも太いので、充電式で対応出来るのは、マックスだけしか出していない様なんです。マキタ、日立は充電式は、ピンネイルのみです。ただ、USマキタには充電式フィニッシュネイル機があるようですがかなり重いようです。

 

ということで、私は内装メインで、しかも、釘頭が多少見えても保持力のある方が便利だと思い、充電式フィニッシュネイル打ちこみ機、充電式フィニッシュネイラという工具を調達することにしたのです。

 

左側が充電式フィニッシュネイラなる工具です。左側にフィニッシュネイルをセットすると、パン!パン!パン!と簡単に打ちこめます。

 

マックスといえば、赤!のようです。

 

 

さて、ついでにマックスの製品をいろいろと見ていて、どうしてもインパクトも欲しくなってしまったのです。

マックスといえば赤なんですが、ここはあえて青!にしました。

 

超!うっとりしてしまう。。。。

 

実は、インパクトって先端部の巾が小さい方が、狭いところに打ちこめて良いんです。

 

いままで、マキタ最強!って思っていました。

HPとかに世界最短(2016年2月調べ)ってうたっていたからです。マキタは117mm

 

一方、マックスは、、、なんと 109mm!!!

どうやら2016年6月にマキタを抜いたようでした。

 

さらに、マキタの「楽らくモード」って良いんです。これ最近搭載された新機能なんです。最初の回転を抑制して、最後には高トルクで回してくれるモードです。今までは、インパクトって高速に回り過ぎてビス頭がはじかれることがあったんですが、これにしてからホント非常に扱いやすくなりました。もう1年使っていますが、前の物には戻れません。

 

さて、マックスはというと、これがまた興味深い素子を搭載しているんです。それが、NEWトリガ―「瞬」!というもの、引き金に感圧センサー(フォースセンサー)を搭載していて、指先の微妙な力加減で回転速度を制御できるものなんです。

 

ということで、気になる気になるマックスのインパクト!

 

で、即購入です!

 

実機で試してみて、フォースセンサー付きの引き金は予想以上の出来でした。ここまでストレスなく回転制御出来るとは思っていませんでした。

 

マキタの「楽らくモード」と比べると、マキタは、機械が自動で判断し、回転を制御してくれるのに対して、マックスは自分で操作するその操作性レスポンスを圧倒的に向上させていると言う感じの違いです。

 

これ、車に例えると

マキタは、凄いオートマ車

マックスは、凄いマニュアル車

と言う感じ。

 

充電工具のラインナップ的に完全にマックスに乗り換えることは無理ですが、マキタとマックスの2台持ちは、プリウスとハチロクの2台持ち的な印象を持ちました。

 

これからの使用が非常に楽しみです。また、使用してみて新たな発見があったらアップします。

ホントはアフェリとか貼り付けるような記事なんですが、面倒なのでみんな勝手に調べて調達して下さい。(キリっ)

では。

 

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

 

壁を作り床を塞ぐ

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日も東京ビンテージアパートへ行きました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

まずは、壁を塞ぎます。

 

ボードを切って留めていきます。

 

 

そして、床を塞ぎます。

 

コンパネをカットして留めていきます。

 

その他こまごまとした作業をして終了です。

では。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

 

トイレの床貼りと洗濯機置き場

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日も東京ビンテージアパートへ行きました。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

昨日の続きです。

まず、昨日カットしたトイレの床材を一旦外して糊を入れました。

 

ベンチタイムの間に、床材のサイドの部分をカンナで斜めカットしました。膨張とかで歪まないためです。

 

そして、貼り付けました。

 

次に洗濯機置き場です。

まず、排水管の取り出し位置の変更からです。

 

排水トラップを取り付けました。これ、かなり位置がシビアなので難しんです。

ミリ単位で寸法を出しながら管材をカットして接着します。

 

そして、壁を作りました。巾木も造りました。

 

残すは左の壁のみです。明日に続く。。。

 

では。

 

応援クリックをお願いします。ここをクリック→人気ブログランキングへ

 

 

 

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM