砂壁にシーラー

帝都戸建て comments(1) - ガク

おおやがくです。

 

今日もテイコちゃんへ行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

その前に、東京コアアパートに立ち寄って洗濯機排水の接続をしてあげました。

さて、まずはマスキングです。

 

グルット全体をマスキング。

 

次にシーラーを塗りました。

 

ボロボロと落ちる砂壁が固着してきました。後日もう一回シーラー入れます。

 

午後は、今話題の晴海フラグの見学に行きました。

まあ、今話題ということで。。。。

でも、予約取るの超大変だった。。。。

 

部屋ごとの金額の設定が露骨すぎていろいろな意味で面白かった。

でも、「東京を超えるのはTOKYOだけ」って、、、、キャッチフレーズが。。。。???

 

では。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

ライティングレール

帝都戸建て comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日もテイコちゃんへ行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

最近、スチームにハマっています。シュワーッとして気持ちいい!

 

この柱を綺麗にします。

 

まあ小綺麗になりました。消毒も兼ねて。

 

そして、ライティングレールを設置しました。

8畳程度の部屋に3回路と贅沢仕様です。お店か〜!

 

では。

 

PS。。。ライティングレールの設置には電気工事士の免許が必要です。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

壁の隙間塞ぎ

帝都戸建て comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日はテイコちゃんへ行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

ひたすら一階の仕上げを行っています。

今日も壁の塞ぎです。

右上と左上の部分の壁に穴があるのでそこを杉板で塞ぎます。

その前に、電線類を整理しました。当初はレセプタクルで繋ぐ計画でしたが、ライティングレールに変更することにしました。

VVFを引き回すよりも、レールの方がすっきり美しく、またいろいろな照明設計もできるので変更しました。

 

結局一日掛かりましたが、壁の隙間塞ぎは完成しました。

 

 

まだまだ先は長いです。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

 

隠れ家物件の現場調査

Project-K comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は現調へ行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

平成最後に契約した隠れ家物件の現調に行きました。

ちなみに、契約時に敷地に入らせてもらう許可を取っています。

物件の潜在能力は非常に高いのですが、かなり作り込まないとまともに稼働できない状況。

その為、現場で気になるところを見てきました。

といっても、土地もデカいため全部は見きれませんでした。

また通っていろいろと考えないといけないです。

 

帰り際にもう一軒売り出し中の収益物件を見てきました。

立地も良く値段も手ごろ?でした。でも、すでに現金買いが入っているとのことでした。

この辺はブランドエリアです。

 

では。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

令和初の取り組み物件

銀行 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

平成最後に一件隠れ家物件を買ったんですが、令和に入って早々、友人から面白い物件情報がきました。

先週位から必死に銀行まわりをしたんですが、物件が特殊なのか、私の財務状況が悪いのか、不動産に対する見方が厳しいのか、はたまたその相乗効果なのか、銀行は非常にテンション低いんです。

そこで、本日最後の手段を打ってきました。

これでだめなら諦めます。

でもまあ、こういう機会に最新の銀行の情勢が手に取るように分かったので、その点はGood。

今回の経験から思ったのは、今、銀行の不動産に対する見方は非常に悪い、今までで最悪レベルです。

こんな情勢を打開するために必要なことは、よりキャッシュリッチな体質にして、あっと言わせるくらいの体力を付けること。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

壁の隙間を杉板で塞ぐ

帝都戸建て comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日もテイコちゃんへ行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

ひたすら一階の仕上げを行っています。

昨日までで天井が終わったので、今度は壁を塞いでいきます。

元々は写真のような砂壁でした。砂壁の上に天井がきていましたが、今回、さらに上に30cm近く持ち上げたところにOSB天井を張っています。

ということで、屋根裏だった部分の壁を塞がなくてはなりません。

ちなみに、天井を上に上げると、容積UPして開放感がでていい感じになります。しかし、二階からの音鳴りとかは大きくなります。

どちらが良いかは。。。。というか普通はこんなことはしないのですが、普通に作ると食いつきも普通だし、面白くないのでデザイン重視でこんな構成にしています。

 

微妙な隙間に、OSBの端材をカットして留めていきます。

 

そして、杉板をカットして留めていきます。

 

まだまだ、「切った貼った感」があって汚らしいですが、壁を真っ白な漆喰を入れて、木を掃除すれば良い感じになるはずです。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

天井にOSBを埋め込む

帝都戸建て comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

川崎市S区RCに設置されている照明は撤去してくださいと言われた。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

照明を取って、テイコちゃんに付けてしまおうと思い本日出撃しました。

 

すると途中東京コアアパートの入居者から入電。

「上からだと思うんですが水が漏れてるんです。」

嫌な予感。また銅管ピンホールか?

 

川崎で照明を取り外してから東京コアに急行しました。

到着すると、漏れていません。

そんなにひどい漏れではなさそう。

ユニットバスの天井を外して覗くと、確かに水がしみていました。

 

幸いにも上の階の住人が部屋にいたので見せてもらいました。

すると、洗濯機が怪しい。

一度試運転すると、脱水時に洗濯機の底面から水がドバっと漏れてきました。

 

ということで、今回の水漏れは洗濯機の故障でした。

この洗濯機は使わないで買い替えてもらうこととして終了です。

 

その後、テイコちゃんへ出撃。

天井裏の2階の根太にOSBを埋め込む続きです。

写真左下の方がまだです。ここから攻めていきます。

 

結局、夜8時前まで取り組んで天井のOSBは完成です!

 

あすは壁の隙間埋めをやろうと思います。

では。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

銀行まわり玉砕

銀行 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日も訳あって、銀行周りをしました。

令和初の契約を目指していた新規の計画が玉砕しました。

でも落ち込んではいません。まだ道は細いが残されている。

なんでも、新しいことを始めると苦労がおおいもの。

逃げないでやるだけやってみるしかない。

まだまだ成長が必要

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

銀行まわり

銀行 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は訳あって、銀行周りをしました。明日も引きづ付き銀行を周ります。

投資家は、こうしてたまに銀行に行くものですよね。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

黒松の強剪定

異次元物件 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は黒松の剪定をしました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

春になると黒松にも新芽が出てきます。

このニョキ〜っと出てくるのが新芽です。

 

大体は、3本位出ているので、真ん中を取るのが基本となります。

最初に形が出来ていればそんな感じで新芽を取って、形が崩れないようにすれば良いのですが、この松はそれ以前の問題があります。

 

それは、数年放置されていたため、完全に野性的な樹形をしてしまっていることです。

 

カッコいい松にする為には、枝を水平より少し落として、枝の上に玉を造る形にするのですが、この松だけメインの目立つ場所にあって怖くて思い切った剪定が出来ていませんでした。だましだまし樹形を整えようとしていました。

 

この二年、他の目立たない松は実験的に剪定方法をいろいろと変えて試しているのですが、結局は野生化した松は思い切った強剪定をしないと綺麗にならないとの結論に達しました。思い切った剪定をした松は2年くらいで何とかカッコよく見えるくらいになります。

 

中途半端な剪定だと、木の勢いが先端付近にのみ行くので、先がどんどん伸びてしまいます。

また、枝が多く、成長を制御できません。

本当は、主望の枝の上の全体に玉を造りたいため、均一な樹勢となるようにしたいのですが、栄養が望ましい場所に行きわたりません。

 

ということで、今回、強剪定をすることにしました。

まず、木の勢いが一番強い部分を止めることが大切になります。

通常、樹勢が強いのは一番上です、地面から吸い上げた栄養や水はまっすぐ上に行こうとします。

 

まずは最上段をカットして、枝を曲げて形を造りました。

新芽が育つと頭が綺麗にできそうです。

 

そして、二段目、三段目と下へと剪定していきます。

下の方の枝は太くて硬いので、曲げるのは困難です。

曲げるためには、割りを入れます。

スクレーパーをダイヤモンドシャープナーで砥いで打ち込んでいます。

 

枝の方向に割りを8か所入れます。

 

そして、縄を巻きます。

 

そして、ロープで引っ張ると、この部分が綺麗に曲がります。

割りの部分がずれて曲がります、このまま放置すると松脂でコーティングされ木が再結合されます。

 

今日はおおよその樹形を整えましたが、暗くなって終了

後日続きを行います。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM