新築の壁を超えるリノベの天才

Property Management comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は、近所に住むリノベラーの友人、Tさんの手掛けている家を妻と一緒に見せてもらいました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

Tさんは以前仮称360°ビューイングシェアハウスを手掛けた方です。このシェアハウス、募集して早々満室になり、現在も満室という状態が続いています。横須賀の辺鄙な立地ですが、個性が強く都心方面から人を引き寄せられるという状態。

 

そう、Tさんはリノベの天才なのです。

 

遥かなるトンネルを抜けると今回の物件があるのです。

 

物件はRCと戸建ての2棟組み。ちなみに、車、、、入れます!

 

屋上からはなんと海が見えます。それも、ただの海ではありません。海の向こうにはアメリカが見えます!

そして、ちょうど、2号ドライドック正面に位置しております。(ドライドックとは船を入れて、その後海水を抜き修理する場所です。私の友人にドライドックに船を置く台を木で作る木工職人やっている人もいます。元気かな~)その右にはビルの陰になり見えないんですが、1号ドライドックがあります。1号ドライドックは1871年に建造されて、その後2号ドライドック、3号ドライドックと続けて建設されてきている経緯があります。特に、2号ドライドックは設計はレオンス・ヴェルニーの設計隊のフランス人技師によりなされたが、建設は恒川柳作という日本人が行い、彼はその後の日本ドライドックを草分け的な存在となった日本ドライドックの父と呼んでも良いあ方なのである。彼の手掛けた最初のドライドックがこの2号ドライドックなのである。そして、さらに、ドライドックの奥正面には世界最大ともいえるアメリカ第七艦隊を支えている巨大組織SRF(Ship Repair Facility)本部ビルがこちらを向いているのである。ほんとに希少価値のある立地なのである。

 

さて、RCの共用廊下もこのような構造美が目を引きます。

購入当初は錆で苦労したようで今後もだましだましメンテして運用していくとのことでした。

 

さて、室内は、築古RCのビンテージ感を生かした内装造り。

フェイクでは決して出せない本物のビンテージの味がある。

 

そこに配管、配線、電線の構造美を配置

 

 

キッチンもIKEA部材を用いた造作仕様

 

 

トイレの壁はまさにビンテージの美

 

ビンテージガラスからの採光

 

鍵が歴史を語る

 

さて、この部屋。新築の壁を越えているのです!

通常、新築が一番高くて、リノベでどこまで価値をあげられるか挑戦するのですが、この造りこみは、なんと、近隣の新築物件の値段の壁を超えているのです。それだけ個性が強く、唯一無二の物件だからです。

当然利回りはとんでもないことになるのです。

 

さて、近隣でもう一つ手掛けているという物件も見せてもらいました。まだ、リノベ途中の段階でした。

その建物はなんと築100年!しかも3棟を繋げるというプラン!

現在は絶賛解体中でした。

 

解体するとビンテージ色の強い梁が見えます。この本物のビンテージの味を生かすために解体をしています。

普通の人なら新築するくらいの劣化した建物ですが、新築の壁を超えるためには、このビンテージ素材を活用して仕上げていく必要があり、それが楽しくもあり、大変でもあるのです。これが真のリノベ道。

 

100年前の壁は砂でできています。

 

美しい竹小舞の砂壁です。

 

どうなるのか楽しみです。

 

実は、少し前、海の前にある大きな物件が出ていて、これ面白いな~って思っていた物件があるのです。

しかしながら、大きすぎてこれは自分の実力だと厳しいかなって見送っていた物件でした。

Tさん、なんと!こいつを買っていました!昨日決済してきたそうです。これ、このノリで仕上げたらとんでもない物件になりそうです。話題騒然な物件になる予感がします。面白そうなので、自分も少し関わって突っ込んで行くかもしれません。

 

ということで、Tさん 今日は素晴らしいものを見せていただき、ありがとうございました。

 

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

 

バスセメント

Tokyo Vintage Apartment comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日も退去の連絡が入りました。ということで、今シーズンは4戸が空く予定です。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

今日は、東京ビンテージアパートへ行きました。

浴室補修の続きです。

先日までに壊した壁にモルタルを詰めていました。

本日はその上にバスセメントを盛ります。

 

 

水の量が最重要なので計測して精度よく入れました。

 

そして、こんな壁を。。。

 

ほぼ、平らにして。。。。

 

塗れた新聞紙で覆いました。

 

これで乾燥を待ちます。

後日、シーラー入れて耐水パテを入れて、再度シーラーして、塗装という感じの工程になります。

 

さて、それ以外にも戸当たりを付けました。

 

次に、バランス窯後の開口部の塞ぎを補修しました。

シリコンで圧着しました。

 

今回は、アクリルではなく、発泡塩ビ板です。

 

ということで、まだまだ続く。。。。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

茅葺屋根

異次元物件 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は、「男結び」を友人に伝授しました。これで、本当の男になれますね!

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

さて、茅葺屋根の物件を将来買う?か造る?かもしれないので勉強しています。

参考までに役に立つ素材を張りつけておきます。

 

すぎちゃんという方の動画なんですが、これ、ほんと凄いシリーズです。作り方が良くわかります。

すぎちゃん!ありがとうございます。今度、弟子入りさせてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

若い人達が、なんだか楽しそうです。

 

茅葺の仕事に対する情熱が熱いです!

 

ということで、ここからスタートして勉強して、派生技術として結びなどの細部の勉強をすればいい感じに技術が身に付きそうです。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

男結び

異次元物件 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は、とある小屋組みをしに行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

竹を棕櫚縄で縛って、小屋を作らなければなりません。

竹を縛る結び方に「男結び」があります。

 

この「男結び」って少し難しいんですが、結び目から、余った縄がポンと前に飛び出してきていて超かっこイイんです。

今までも、何度か挑戦してきているので、なんとなくはできるんですが、綺麗に結び目が絞り切れなかったんです。

 

そこで、ここ数日、Youtubeを見ながら、何度も何度もロープで練習してから本番に挑みました。

 

そして、挑戦です。

一応、棕櫚縄はバケツで水に浸して締め上げていきます。

 

何とかできました!

 

そして、どんどん結んで小屋組を作っていきます。

 

チョンと手前に飛び出た結び目が何かを連想させるのか、「男結び」と呼ばれています。

本当は右から行くのと左から行くので。。。。

 

そして、一応、小屋組を完成させました。

 

この後、壁に格子状に竹を組んで「男結び」で締め上げていきました。

 

今日、「男結び」たぶん、数十か所結んだので、手の感覚だけで結べるようになりました。

でも、棕櫚縄の黒い色が手について落ちません。。。。

 

まさに職人?

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

浴室壁補修

Tokyo Vintage Apartment comments(2) - ガク

おおやがくです。

 

今日は東京ビンテージアパートへ行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

その前にテイコちゃんに置いてあるセメント類を取りに行きました。普通に建っていました。

 

そして、東京ビンテージアパートへ向かいます。車で15分くらいで到着。

まず、浴槽を出します。

 

次に床を養生します。

 

割れて浮いている壁を剥がします。

 

どんどん剥がします。

 

 

 

 

もう絶望レベルです!

下地のモルタルが風化して、砂のようにボロボロと落ちてきます。

表層のホワイトモルタルでもっている感じです。

 

普通なら、フクビとかのバスパネルで全面塞ぎますが、今回は予算と工期の関係で補修することにします。

ここまで来たら補修で良いのか不安ですが。。。。

 

モルタルを防水仕様に練って、保水材を多少入れ込んで練ります。

 

そして、埋めていきます。少し凹んだレベルまで埋めます。

 

 

 

 

今日は、ここまで来ました。

本当に直るのか?

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

 

ゴットマザー

Property Analysis comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は気になっている物件を見に行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

さて、このエリア、かなりやばそうなエリアで、物件情報が表に出ることはほぼ無いエリアなんです。

というのも、このエリアの物件は、「ゴットマザー」なる人が核になり取引が行われているようなのです。

そんな、ほぼ表に出ないエリアの物件情報を、偶然掴むことが出来たので、恐怖心半分で現地調査に行きました。

 

かなり怖いので、妻と、そして、強そうな風貌の建築士の友人と一緒に現調しました。

 

物件はというと、築古木造戸建て です。

そして、数々の問題がある物件でした。

雨が降った日は長靴が無いとアクセスできないようなんです。

ガス管は根元からちょん切られ、配管という配管に問題があり、また、勝手に隣りの建物が入り乱れています。

 

さて、建物図面は無いので、その場で線を引きました。

そして、傾きを図ると、短手方向に5cm、、、、、

 

その後、ゴットマザーに会いに行きたかったのですが、恐怖心が邪魔をしていけませんでした。

強くならないといけません。。。。

 

さて、どうするか?

面白い物件ですのでちょっと時間をかけて検討して。。。。。でも怖いのでダメだなきっと。

 

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

その後、隣街のゴットファザーの事務所へ。。。。。

 

 

 

 

お風呂がぼろぼろに

Tokyo Vintage Apartment comments(2) - ガク

おおやがくです。

 

今日は東京ビンテージアパートの退去立会いに行きました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

到着すると、ちょうど引っ越し最中でした。挨拶をして、お互い御礼を言いつつ鍵を受け取りました。

さて、お部屋はというと、室内はイイ感じできれいでした。

今は無きIKEAのウッドブラインドも健在です。

 

天井のOSBも清楚な感じで綺麗でした。

 

問題一つ目です。

ハリーの床材。これはダメダメな材料です。

裏のテープを剥がして張りつける床材ですが、夏と冬の伸縮みがひどく、冬場はこんなにひどい隙間が空いていました。

粘着も強くないので、簡単に伸縮みしてしまいます。

 

しょうがないので、張り替え予定ですが、とりあえず、剥がして詰めて、隙間を端に寄せました。

 

もう一つ問題。これは大問題。

お風呂の壁が割れています。

 

ペンキの剥がれも酷いです。

 

 

これは、どうしようもありません。原因は、多分、施工不良です。。。。。

つまり、自分が悪いということ。。。。。

 

しょうがないので、腰を据えて直していきます。

ということで、一月は東京ビンテージに監禁される予定です。

 

では。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

剪定剪定剪定

異次元物件 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日も朝から、剪定です。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

三人工で作業しましたが、マダマダ終わりません。

恐ろしい物件です。

 

また、次回。。。。。

 

 

 

 

チェーンソー

異次元物件 comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は朝から、剪定です。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

今日もチェーンソーで気分上々です。

太い竹をチェーンソーで切っていきました。

そして、剪定を行いました。

小屋組みを竹で作ったりもしました。

 

そして、夕方にかかて、「高野槇」の剪定を行いました。

かなり高い木なので恐怖でしたが、かなりイイ感じになりました。

 

この時期に剪定すると、一年の管理が相当楽になるので、気合を入れて剪定しています。

 

明日は、友人が来るので、3人工で剪定をしていきます。

では。

 

 

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

 

 

 

 

入居後の共用部清掃

Property Management comments(0) - ガク

おおやがくです。

 

今日は朝から、正月明けから2日間剪定した木や枝をひたすら、4時間位かかりまとめていました。

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

その後、友人の所有するアパートの一室を、某。。。コンセプトデザインしたといいうことで、見学に行きました。

(許可取っていないので、掲載はしません。。。)

 

その後、そのアパートから車で15分くらいのところにある、川崎市T区RCへいきました。

年末に入居されたので、ただいま満室中なのですが、入居後って、引っ越しの影響で共用部が汚れることが多いのです。

到着すると、確かに埃とかチリとかが溜まっていましたので、清掃をしました。

 

夕方だったので、先日エジソンLEDに交換した船舶ライトが光っていました。

光の影が美しく、見栄え最高でした。

 

 

ブログランキングの応援クリック(←ここをクリック)をお願いします。

 

 

無料ブログ作成サービス JUGEM